「百人一首の肉まん父さん百人一首」はYahooディレクトリに、登録されました
「肉まん父さんフラッシュ」
を新設
最近の記事クリックするとその記事に移動できます。
最近の記事

2024.6.11up 
「今も保有中」

2024.6.10up 
「今も保有中」

2024.6.9up 
「今も保有中」

2024.6.8up 
「今も保有中」

2024.6.7up 
「今も保有中」

2024.6.6up 
「今も保有中」

2024.6.5up 
「今も保有中」

2024.6.4up 
「今も保有中」

2024.6.3up 
「今も保有中」

2024.6.2up 
「今も保有中」

2024.6.1up 
「今も保有中」

2024.5.31up 
「今も保有中」

2024.5.30up 
「今も保有中」

2024.5.29up 
「今も保有中」

2024.5.28up 
「今も保有中」

2024.5.27up 
「今も保有中」

2024.5.26up 
「今も保有中」

2024.5.25up 
「今も保有中」

2024.5.24up 
「今も保有中」

2024.5.23up 
「今も保有中」

2024.5.22up 
「今も保有中」

2024.5.21up 
「今も保有中」

2024.5.20up 
「今も保有中」

2024.5.19up 
「今も保有中」

2024.5.18up 
「今も保有中」

2024.5.17up 
「今も保有中」

2024.5.16up 
「今も保有中」

2024.5.15up 
「今も保有中」

2024.5.14up 
「今も保有中」

2024.5.13up 
「今も保有中」

2024.5.12up 
「今も保有中」

2024.5.11up 
「今も保有中」

2024.5.10up 
「今も保有中」

2024.5.9up 
「今も保有中」

2024.5.8up 
「今も保有中」

2024.5.7up 
「今も保有中」

2024.5.6up 
「今も保有中」

2024.5.5up 
「今も保有中」

2024.5.4up 
「今も保有中」

2024.5.3up 
「今も保有中」

2024.5.2up 
「今も保有中」

2024.5.1up 
「今も保有中」

2024.4.30up 
「今も保有中」

2024.4.29up 
「今も保有中」

2024.4.28up 
「今も保有中」

2024.4.27up 
「今も保有中」

2024.4.26up 
「今も保有中」

2024.4.25up 
「今も保有中」

2024.4.24up 
「今も保有中」

2024.4.23up 
「今も保有中」

2024.4.22up 
「今も保有中」

2024.4.21up 
「今も保有中」

2024.4.20up 
「今も保有中」

2024.4.19up 
「今も保有中」

2024.4.18up 
「今も保有中」

2024.4.17up 
「今も保有中」

2024.4.16up 
「今も保有中」

2024.4.15up 
「今も保有中」

2024.4.14up 
「今も保有中」

2024.4.13up 
「今も保有中」

2024.4.12up 
「今も保有中」

2024.4.11up 
「今も保有中」

2024.4.10up 
「今も保有中」

2024.4.9up 
「今も保有中」

2024.4.8up 
「今も保有中」

2024.4.7up 
「今も保有中」

2024.4.6up 
「今も保有中」

2024.4.5up 
「今も保有中」

2024.4.4up 
「今も保有中」

2024.4.3up 
「今も保有中」

2024.4.2up 
「今も保有中」

2024.4.1up 
「今も保有中」

2024.3.31up 
「今も保有中」

2024.3.30up 
「今も保有中」

2024.3.29up 
「今も保有中」

2024.3.28up 
「今も保有中」

2024.3.27up 
「今も保有中」

2024.3.26up 
「今も保有中」

2024.3.25up 
「今も保有中」

2024.3.24up 
「今も保有中」

2024.3.23up 
「今も保有中」

2024.3.22up 
「今も保有中」

2024.3.21up 
「今も保有中」

2024.3.20up 
「今も保有中」

2024.3.19up 
「今も保有中」

2024.3.18up 
「今も保有中」

2024.3.17up 
「今も保有中」

2024.3.16up 
「今も保有中」

2024.3.15up 
「今も保有中」

2024.3.14up 
「今も保有中」

2024.3.13up 
「今も保有中」

2024.3.12up 
「今も保有中」

2024.3.11up 
「今も保有中」

2024.3.10up 
「今も保有中」

2024.3.9up 
「今も保有中」

2024.3.8up 
「今も保有中」

2024.3.7up 
「今も保有中」

2024.3.6up 
「今も保有中」

2024.3.5up 
「今も保有中」

2024.3.4up 
「今も保有中」

2024.3.3up 
「今も保有中」

2024.3.2up 
「今も保有中」

2024.3.1up 
「今も保有中」

2024.2.29up 
「今も保有中」

2024.2.28up 
「今も保有中」

2024.2.27up 
「今も保有中」

2024.2.26up 
「今も保有中」

2024.2.25up 
「今も保有中」

2024.2.24up 
「今も保有中」

2024.2.23up 
「今も保有中」

2024.2.22up 
「今も保有中」

2024.2.21up 
「今も保有中」

2024.2.20up 
「今も保有中」

2024.2.19up 
「今も保有中」

2024.2.18up 
「今も保有中」

2024.2.17up 
「今も保有中」

2024.2.16up 
「今も保有中」

2024.2.15up 
「今も保有中」

2024.2.14up 
「今も保有中」

2024.2.13up 
「今も保有中」

2024.2.12up 
「今も保有中」

2024.2.11up 
「今も保有中」

2024.2.10up 
「今も保有中」

2024.2.9up 
「今も保有中」

2024.2.8up 
「今も保有中」

2024.2.7up 
「今も保有中」

2024.2.6up 
「今も保有中」

2024.2.5up 
「今も保有中」

2024.2.4up 
「今も保有中」

2024.2.3up 
「今も保有中」

2024.2.2up 
「今も保有中」

2024.2.1up 
「今も保有中」

2024.1.31up 
「今も保有中」

2024.1.30up 
「今も保有中」

2024.1.29up 
「今も保有中」

2024.1.28up 
「今も保有中」

2024.1.27up 
「今も保有中」

2024.1.26up 
「今も保有中」

2024.1.25up 
「今も保有中」

2024.1.24up 
「今も保有中」

2024.1.23up 
「今も保有中」

2024.1.22up 
「今も保有中」

2024.1.21up 
「今も保有中」

2024.1.20up 
「今も保有中」

2024.1.19up 
「今も保有中」

2024.1.18up 
「今も保有中」

2024.1.17up 
「今も保有中」

2024.1.16up 
「今も保有中」

2024.1.15up 
「今も保有中」

2024.1.14up 
「今も保有中」

2024.1.13up 
「今も保有中」

2024.1.12up 
「今も保有中」

2024.1.11up 
「今も保有中」

2024.1.10up 
「今も保有中」

2024.1.9up 
「今も保有中」

2024.1.8up 
「今も保有中」

2024.1.7up 
「今も保有中」

2024.1.6up 
「今も保有中」

2024.1.5up 
「今も保有中」

2024.1.4up 
「今も保有中」

2024.1.3up 
「今も保有中」

2024.1.2up 
「今も保有中」

2024.1.1up 
「今も保有中」

2023.12.31up 
「今も保有中」

2023.12.30up 
「今も保有中」

2023.12.29up 
「今も保有中」

2023.12.28up 
「今も保有中」

2023.12.27up 
「今も保有中」

2023.12.26up 
「今も保有中」

2023.12.25up 
「今も保有中」

2023.12.24up 
「今も保有中」

2023.12.23up 
「今も保有中」

2023.12.22up 
「今も保有中」

2023.12.21up 
「今も保有中」

2023.12.20up 
「今も保有中」

2023.12.19up 
「今も保有中」

2023.12.18up 
「今も保有中」

2023.12.17up 
「今も保有中」

2023.12.16up 
「今も保有中」

2023.12.15up 
「今も保有中」

2023.12.14up 
「今も保有中」

2023.12.13up 
「今も保有中」

2023.12.12up 
「今も保有中」

2023.12.11up 
「今も保有中」

2023.12.10up 
「今も保有中」

2023.12.9up 
「今も保有中」

2023.12.8up 
「今も保有中」

2023.12.7up 
「今も保有中」

2023.12.6up 
「今も保有中」

2023.12.5up 
「今も保有中」

2023.12.4up 
「今も保有中」

2023.12.3up 
「今も保有中」

2023.12.2up 
「今も保有中」

2023.12.1up 
「今も保有中」

2023.11.30up 
「今も保有中」

2023.11.29up 
「今も保有中」

2023.11.28up 
「今も保有中」

2023.11.27up 
「今も保有中」

2023.11.26up 
「今も保有中」

2023.11.25up 
「今も保有中」

2023.11.24up 
「今も保有中」

2023.11.23up 
「今も保有中」

2023.11.22up 
「今も保有中」

2023.11.21up 
「今も保有中」

2023.11.20up 
「今も保有中」

2023.11.19up 
「今も保有中」

2023.11.18up 
「今も保有中」

2023.11.17up 
「今も保有中」

2023.11.16up 
「今も保有中」

2023.11.15up 
「今も保有中」

2023.11.14up 
「今も保有中」

2023.11.13up 
「今も保有中」

2023.11.12up 
「今も保有中」

2023.11.11up 
「今も保有中」

2023.11.10up 
「今も保有中」

2023.11.9up 
「今も保有中」

2023.11.8up 
「今も保有中」

2023.11.7up 
「今も保有中」

2023.11.6up 
「今も保有中」

2023.11.5up 
「今も保有中」

2023.11.4up 
「今も保有中」

2023.11.3up 
「今も保有中」

2023.11.2up 
「今も保有中」

2023.11.1up 
「今も保有中」

2023.10.31up 
「今も保有中」

2023.10.30up 
「今も保有中」

2023.10.29up 
「今も保有中」

2023.10.28up 
「今も保有中」

2023.10.27up 
「今も保有中」

2023.10.26up 
「今も保有中」

2023.10.25up 
「今も保有中」

2023.10.24up 
「今も保有中」

2023.10.23up 
「今も保有中」

2023.10.22up 
「今も保有中」

2023.10.21up 
「今も保有中」

2023.10.20up 
「今も保有中」

2023.10.19up 
「今も保有中」

2023.10.18up 
「今も保有中」

2023.10.17up 
「今も保有中」

2023.10.16up 
「今も保有中」

2023.10.15up 
「今も保有中」

2023.10.14up 
「今も保有中」

2023.10.13up 
「今も保有中」

2023.10.12up 
「今も保有中」

2023.10.11up 
「今も保有中」

2023.10.10up 
「今も保有中」

2023.10.9up 
「今も保有中」

2023.10.8up 
「今も保有中」

2023.10.7up 
「今も保有中」

2023.10.6up 
「今も保有中」

2023.10.5up 
「今も保有中」

2023.10.4up 
「今も保有中」

2023.10.3up 
「今も保有中」

2023.10.2up 
「今も保有中」

2023.10.1up 
「今も保有中」

2023.9.30up 
「今も保有中」

2023.9.29up 
「今も保有中」

2023.9.28up 
「今も保有中」

2023.9.27up 
「今も保有中」

2023.9.26up 
「今も保有中」

2023.9.25up 
「今も保有中」

2023.9.24up 
「今も保有中」

2023.9.23up 
「今も保有中」

2023.9.22up 
「今も保有中」

2023.9.21up 
「今も保有中」

2023.9.20up 
「今も保有中」

2023.9.19up 
「今も保有中」

2023.9.18up 
「今も保有中」

2023.9.17up 
「今も保有中」

2023.9.16up 
「今も保有中」

2023.9.15up 
「今も保有中」

2023.9.14up 
「今も保有中」

2023.9.13up 
「今も保有中」

2023.9.12up 
「今も保有中」

2023.9.11up 
「今も保有中」

2023.9.10up 
「今も保有中」

2023.9.9up 
「今も保有中」

2023.9.8up 
「今も保有中」

2023.9.7up 
「今も保有中」

2023.9.6up 
「今も保有中」

2023.9.5up 
「今も保有中」

2023.9.4up 
「今も保有中」

2023.9.3up 
「今も保有中」

2023.9.2up 
「今も保有中」

2023.9.1up 
「今も保有中」

2023.8.31up 
「今も保有中」

2023.8.30up 
「今も保有中」

2023.8.29up 
「今も保有中」

2023.8.28up 
「今も保有中」

2023.8.27up 
「今も保有中」

2023.8.26up 
「今も保有中」

2023.8.25up 
「今も保有中」

2023.8.24up 
「今も保有中」

2023.8.23up 
「今も保有中」

2023.8.22up 
「今も保有中」

2023.8.21up 
「今も保有中」

2023.8.20up 
「今も保有中」

2023.8.19up 
「今も保有中」

2023.8.18up 
「今も保有中」

2023.8.17up 
「今も保有中」

2023.8.16up 
「今も保有中」

2023.8.15up 
「今も保有中」

2023.8.14up 
「今も保有中」

2023.8.13up 
「今も保有中」

2023.8.12up 
「今も保有中」

2023.8.11up 
「今も保有中」

2023.8.10up 
「今も保有中」

2023.8.9up 
「今も保有中」

2023.8.8up 
「今も保有中」

2023.8.7up 
「今も保有中」

2023.8.6up 
「今も保有中」

2023.8.5up 
「今も保有中」

2023.8.4up 
「今も保有中」

2023.8.3up 
「今も保有中」

2023.8.2up 
「今も保有中」

2023.8.1up 
「今も保有中」

2023.7.31up 
「今も保有中」

2023.7.30up 
「今も保有中」

2023.7.29up 
「今も保有中」

2023.7.28up 
「今も保有中」

2023.7.27up 
「今も保有中」

2023.7.26up 
「今も保有中」

2023.7.25up 
「今も保有中」

2023.7.24up 
「今も保有中」

2023.7.23up 
「今も保有中」

2023.7.22up 
「今も保有中」

2023.7.21up 
「今も保有中」

2023.7.20up 
「今も保有中」

2023.7.19up 
「今も保有中」

2023.7.18up 
「今も保有中」

2023.7.17up 
「今も保有中」

2023.7.16up 
「今も保有中」

2023.7.15up 
「今も保有中」

2023.7.14up 
「今も保有中」

2023.7.13up 
「今も保有中」

2023.7.12up 
「今も保有中」

2023.7.11up 
「今も保有中」

2023.7.10up 
「今も保有中」

2023.7.9up 
「今も保有中」

2023.7.8up 
「今も保有中」

2023.7.7up 
「今も保有中」

2023.7.6up 
「今も保有中」

2023.7.5up 
「今も保有中」

2023.7.4up 
「今も保有中」

2023.7.3up 
「今も保有中」

2023.7.2up 
「今も保有中」

2023.7.1up 
「今も保有中」

2023.6.30up 
「今も保有中」

2023.6.29up 
「今も保有中」

2023.6.28up 
「今も保有中」

2023.6.27up 
「今も保有中」

2023.6.26up 
「今も保有中」

2023.6.25up 
「今も保有中」

2023.6.24up 
「今も保有中」

2023.6.23up 
「今も保有中」

2023.6.22up 
「今も保有中」

2023.6.21up 
「今も保有中」

2023.6.20up 
「今も保有中」

2023.6.19up 
「今も保有中」

2023.6.18up 
「今も保有中」

2023.6.17up 
「今も保有中」

2023.6.16up 
「今も保有中」

2023.6.15up 
「今も保有中」

2023.6.14up 
「今も保有中」

2023.6.13up 
「今も保有中」

2023.6.12up 
「今も保有中」

2023.6.11up 
「今も保有中」

2023.6.10up 
「今も保有中」

2023.6.9up 
「今も保有中」

2023.6.8up 
「今も保有中」

2023.6.7up 
「今も保有中」

2023.6.6up 
「今も保有中」

2023.6.5up 
「今も保有中」

2023.6.4up 
「今も保有中」

2023.6.3up 
「今も保有中」

2023.6.2up 
「今も保有中」

2023.6.1up 
「今も保有中」

2023.5.31up 
「今も保有中」

2023.5.30up 
「今も保有中」

2023.5.29up 
「今も保有中」

2023.5.28up 
「今も保有中」

2023.5.27up 
「今も保有中」

2023.5.26up 
「今も保有中」

2023.5.25up 
「今も保有中」

2023.5.24up 
「今も保有中」

2023.5.23up 
「今も保有中」

2023.5.22up 
「今も保有中」

2023.5.21up 
「今も保有中」

2023.5.20up 
「今も保有中」

2023.5.19up 
「今も保有中」

2023.5.18up 
「今も保有中」

2023.5.17up 
「今も保有中」

2023.5.16up 
「今も保有中」

2023.5.15up 
「今も保有中」

2023.5.14up 
「今も保有中」

2023.5.13up 
「今も保有中」

2023.5.12up 
「今も保有中」

2023.5.11up 
「今も保有中」

2023.5.10up 
「今も保有中」

2023.5.9up 
「今も保有中」

2023.5.8up 
「今も保有中」

2023.5.7up 
「今も保有中」

2023.5.6up 
「今も保有中」

2023.5.5up 
「今も保有中」

2023.5.4up 
「今も保有中」

2023.5.3up 
「今も保有中」

2023.5.2up 
「今も保有中」

2023.5.1up 
「今も保有中」

2023.4.30up 
「今も保有中」

2023.4.29up 
「今も保有中」

2023.4.28up 
「今も保有中」

2023.4.27up 
「今も保有中」

2023.4.26up 
「今も保有中」

2023.4.25up 
「今も保有中」

2023.4.24up 
「今も保有中」

2023.4.23up 
「今も保有中」

2023.4.22up 
「今も保有中」

2023.4.21up 
「今も保有中」

2023.4.20up 
「今も保有中」

2023.4.19up 
「今も保有中」

2023.4.18up 
「今も保有中」

2023.4.17up 
「今も保有中」

2023.4.16up 
「今も保有中」

2023.4.15up 
「今も保有中」

2023.4.14up 
「今も保有中」

2023.4.13up 
「今も保有中」

2023.4.12up 
「今も保有中」

2023.4.11up 
「今も保有中」

2023.4.10up 
「今も保有中」

2023.4.9up 
「今も保有中」

2023.4.8up 
「今も保有中」

2023.4.7up 
「今も保有中」

2023.4.6up 
「今も保有中」

2023.4.5up 
「今も保有中」

2023.4.4up 
「今も保有中」

2023.4.3up 
「今も保有中」

2023.4.2up 
「今も保有中」

2023.4.1up 
「今も保有中」

2023.3.31up 
「今も保有中」

2023.3.30up 
「今も保有中」

2023.3.29up 
「今も保有中」

2023.3.28up 
「今も保有中」

2023.3.27up 
「今も保有中」

2023.3.26up 
「今も保有中」

2023.3.25up 
「今も保有中」

2023.3.24up 
「今も保有中」

2023.3.23up 
「今も保有中」

2023.3.22up 
「今も保有中」

2023.3.21up 
「今も保有中」

2023.3.20up 
「今も保有中」

2023.3.19up 
「今も保有中」

2023.3.18up 
「今も保有中」

2023.3.17up 
「今も保有中」

2023.3.16up 
「今も保有中」

2023.3.15up 
「今も保有中」

2023.3.14up 
「今も保有中」

2023.3.13up 
「今も保有中」

2023.3.12up 
「今も保有中」

2023.3.11up 
「今も保有中」

2023.3.10up 
「今も保有中」

2023.3.9up 
「今も保有中」

2023.3.8up 
「今も保有中」

2023.3.7up 
「今も保有中」

2023.3.6up 
「今も保有中」

2023.3.5up 
「今も保有中」

2023.3.4up 
「今も保有中」

2023.3.3up 
「今も保有中」

2023.3.2up 
「今も保有中」

2023.3.1up 
「今も保有中」

2023.2.28up 
「今も保有中」

2023.2.27up 
「今も保有中」

2023.2.26up 
「今も保有中」

2023.2.25up 
「今も保有中」

2023.2.24up 
「今も保有中」

2023.2.23up 
「今も保有中」

2023.2.22up 
「今も保有中」

2023.2.21up 
「今も保有中」

2023.2.20up 
「今も保有中」

2023.2.19up 
「今も保有中」

2023.2.18up 
「今も保有中」

2023.2.17up 
「今も保有中」

2023.2.16up 
「今も保有中」

2023.2.15up 
「今も保有中」

2023.2.14up 
「今も保有中」

2023.2.13up 
「今も保有中」

2023.2.12up 
「今も保有中」

2023.2.11up 
「今も保有中」

2023.2.10up 
「今も保有中」

2023.2.9up 
「今も保有中」

2023.2.8up 
「今も保有中」

2023.2.7up 
「今も保有中」

2023.2.6up 
「今も保有中」

2023.2.5up 
「今も保有中」

2023.2.4up 
「今も保有中」

2023.2.3up 
「今も保有中」

2023.2.2up 
「今も保有中」

2023.2.1up 
「今も保有中」

2023.1.31up 
「今も保有中」

2023.1.30up 
「今も保有中」

2023.1.29up 
「今も保有中」

2023.1.28up 
「今も保有中」

2023.1.27up 
「今も保有中」

2023.1.26up 
「今も保有中」

2023.1.25up 
「今も保有中」

2023.1.24up 
「今も保有中」

2023.1.23up 
「今も保有中」

2023.1.22up 
「今も保有中」

2023.1.21up 
「今も保有中」

2023.1.20up 
「今も保有中」

2023.1.19up 
「今も保有中」

2023.1.18up 
「今も保有中」

2023.1.17up 
「今も保有中」

2023.1.16up 
「今も保有中」

2023.1.15up 
「今も保有中」

2023.1.14up 
「今も保有中」

2023.1.13up 
「今も保有中」

2023.1.12up 
「今も保有中」

2023.1.11up 
「今も保有中」

2023.1.10up 
「今も保有中」

2023.1.9up 
「今も保有中」

2023.1.8up 
「今も保有中」

2023.1.7up 
「今も保有中」

2023.1.6up 
「今も保有中」

2023.1.5up 
「今も保有中」

2023.1.4up 
「今も保有中」

2023.1.3up 
「今も保有中」

2023.1.2up 
「今も保有中」

2023.1.1up 
「今も保有中」

2022年12月以前の記事は右下の「過去ログ」から、お探し下さい。

2008年10月11日

お待ちください


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。




お待ちください




お待ちください




次のコメントをいただきました。




ここから引用です。→


この記事へのコメント

時々来ては、寂しい気持ちになっています。

私はこのサイトでFXのイロハを学びました。全くの初心者でしたので、ルール違反とは知らずにぶしつけな質問をして、肉まん父さんにサイト上で批判されたこと、それでもいろいろ教えてくれてひとつひとつ学ばせてもらったこと、今では思い出です。

円キャリー真っ盛りの中、資金を増やし、そして、サブプライムで大損。今は自分のトレードを模索しつつ損したり得したり細々とやっています。

いろんな方のブログに行き、テクニカルも勉強しています。FXは甘いもんじゃないと本当に思っています。立ち上がってはたたかれ、立ち上がってはたたかれ、その連続です。

でもそのたびに、何かを学ばなければならない、運や相場のせいにするのは絶対にしてはいけない、そんな中でも私でも勝てる方法はあるはずと肝に銘じて頑張っています。

そんな中、ここに来るとまるで時が止まったようです。

いつか離れ小島とこのサイトのことを冗談交じりに言っておられましたが、本当に今そんなふうに感じます。

サブプライム前は活気があってたくさんの人が訪れ、肉まんとうさん様の書き込みも穏やかでありながらも自信に満ちていました。

いまも、どんな状況にあっても冷静なコメントを残されてはいるものの、その冷静さに根拠が感じられないので、時には不憫とすら、失礼ながら感じてしまいます。

どんなに損しても、次にトライする方向性は全く同じ。

お金なんてどうでもいいとお考えなのなら、そもそもFXになんて手はださないでしょうし、お金が欲しいとお考えなのなら、もう少しうろたえ、反省し、問題点を探る姿が見えるのが普通だとおもいます。

みんなあわてふためきながらこの世界にいます。

月何百万と儲けている方でもです。

そこからどう対処していくかで、その人のFXに対する姿勢が見えてくるし、見たいのです。

ずっとコメントしたかったのですが、様々な人生経験をされてきて、自分の道を確立された方には、人の意見がどうしても薄っぺらく思えてしまうものです。

私の意見もきっとそうとしか思われないだろうと思い、我慢してきました。
でも、私が勝手にふるさとのようにも思っているこのサイトが、かつてのにぎわいをまるで「待って」いるかのように静かなのがどうしても悲しくて、どう思われてもいいや、と思い書き込みませていただきました。

Posted by ○○ at 2008年10月11日 09:15


←ここまで引用でした。


このコメントに対して次の回答をさせていただきました。


ここから引用です。→


 ○○様、コメントありがとうございます。


 全てにたいする回答とはなりませんが、一部に対する回答を記事にしてご紹介させて頂きます。


 本当に涙が出るくらいのうれしいコメントをありがとうございます。


 これからもよろしくお願いいたします。

          肉まん父さん

Posted by 肉まん父さん at 2008年10月11日 09:49


←ここまで引用でした。



では、今回の記事内容についてご紹介いたします。



今現在、肉まん父さんが、最近の当ブログで展開している記事内容について、「なぜ?」と思われる方は、今回コメントをいただいた方以外にも、古くからの読者様では、何人かおられせると思います。



その件についての回答については、申し訳ありませんが、いましばらくお待ちください。



次に、



FX(外国為替証拠金取引)についてですが、




実は今年(2008年)の2月に





「実はFXもやっていますよ」




という記事にて



ここから引用です。→


実はFXもやっていますよ




次のコメントをいただきました。




ここから引用です。→



こんにちは。記事と無関係の投書となりますが最新記事なのでここへいたします。


 肉まん様は、もうFXは行われておられないのでしょうか。1月中旬以来、ポンドスイスが2.12〜2.17の気持ち悪いくらい綺麗なレンジを続けております。いかがでしょうか。


Posted by ○○ at 2008年02月22日 15:28


←ここまで引用でした。



このコメントをくださった方は、2007年の11月にも





「老獪なり」



という記事に対して、肉まん父さんが「本当にうれしく思う」コメントを残してくださった方です。




FX(外国為替証拠金取引)に関してですが、実は思いっきりやっています。




その途中経過は、




「2万円からのヒロセ通商」









「どん底からのヒロセ通商」




にて、くわしくご紹介しています。




ただ、当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」では、




2007年の8月に





「変わらなければいけない」




という記事にて、






「FXで生きる!」





というFXについてのすばらしいサイトの管理者様と約束をして以来、「本当に変わった」と、自他共に認めるレベルになるまでは、肉まん父さん自身のFXの手法や途中経過については記事にしない、と堅く心に決めていたので、あえて記事にしていなかったのです。




それが原因で今回いただいたコメントのように、「肉まん父さんはFXをしていないのか?」という疑問を引き起こす原因となったことについてはお詫びいたします。




肉まん父さんの本音を申せば、本当に、「損をしない」という方法が見つかるまでは、試行錯誤しながら、FXを続けていき、「もう大丈夫だ」となったときに、「どんっ」とまとめて、発表しようと思っていたのです。




ただ、その時期が半年後になるのかあるいは、何年後になるのか、それとも永久にこないのかはわかりません(ニコッ)。




当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」の記事内容については、読者様から、ある程度の「信頼」をいただいていることもわかっております。




逆に、それが、プレッシャーとなり、「確信」を持った内容でないと、なかなか記事にはできないというが、現状の気持ちです。




だから、今現在、なかなか記事の更新ができていないというのは、ただのいいわけでしょうか・・・。







たしかに、2006年の後半から2007年の初めにかけては、FX(外国為替証拠金取引)に関しては、ドル円やクロス円は上昇トレンドに沿って買いポジション(ロング)での取引をすれば儲かる、という状態だったと思います。




しかし、2007年の2月以降、特に2007年の8月以降は、どのような取引方法がよいのかが、肉まん父さん自身に限定して言えば、「確信」を持った取引方法が、まだ見つかっていません。




だから、最近の当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」では、FX(外国為替証拠金取引)に対する肉まん父さん自身の考えをUPできていないのです。




そこで、先ほど、ご紹介したように






「2万円からのヒロセ通商」









「どん底からのヒロセ通商」




にて、細々と取引をしているわけです。




○○様が、おっしゃるようにここしばらくはポンドスイスやポンド円は狭い範囲のレンジとなっていますが、それは次に大きく動くためのエネルギーをたくわえているのだと考えています。




今、肉まん父さんが肉まん父さん自身のFX(外国為替証拠金取引)にたいして、考えているのは、しばらくはポンド円のみしか取引をしない→わかりやすくご説明すると一種類の通貨の組み合わせにしなければ肉まん父さん自身に限って言えば、わけがわからなくなるからです。




という前提で、




今は、毎日、午前中のあまりポンド円がうごいていない時間帯でチャートを印刷して考えています。




今は2Bの鉛筆で印刷したチャートにいろいろと書き込みをしている毎日です。




2Bでないとよく見えないようになっています(ニコッ)。




現時点では、




ポンド円は210円前後を中心としたレンジで動くのではないか?




という考えをもっています。




そこで、





「2万円からのヒロセ通商」




の口座では、



214円での売り建て→210円での買い決済







204円での買い建て→208円での売り決済




の指し値注文を入れているところです。




少し前までは、買い建てのほうは、206円での買い指し値をいれていたのですが、ポンド円があまりにもせまいレンジで今現在は動いているので、エネルギーがたまっていると判断して下落方向に動いたと、仮定すれば、従前より、2円さげて、204円での買い建てに変更しました。




つぎに、





「どん底からのヒロセ通商」




では、指し値注文としては




214円での売り建て→210円での買い決済




の注文のみをいれています。




買い建ての注文も入れたいのですが、実は222.5円での買いポジションという高値つかみのポジションがあるので、ロスカットが怖くて、新規としては売り建てのポジションしか
入れていません。




以上は、それぞれのリンク先のサイトをごらんになれば、十分におわかりかと思います。




たしかに、ここ何日かは○○様のおっしゃるようにせまいレンジでの動きですので、本音を申せば「じれったい」動きでございます。




しかし、「大きな含み損」をかかえて、「不安な気持ちのまま布団にはいるよりは」、取引(トレード)回数が減ったとしても、自分自身で納得のいく「指し値」で取引(トレード)をしたいと思う毎日でございます。




また、○○様の気にされているポンドスイスとポンド円との比較で言えば、世界レベルでの比較では、スイスフランの方が日本円よりも「信頼」されていると思っておりますので、落ち着いた動きならば、ポンドスイス、「荒い」動きを好むならば、「ポンド円」の取引をすれば良いのではないかと、個人的に思っております




そして、○○様は、どのように思うかはわかりませんが、今現在の肉まん父さんのように、個人サイト運営者として、徹底してSEO対策その他を研究した者にとっては、今のような値動きの状況ではFX関係のアフィリエイトを素直に実施する方が収入としては効率が良いのも確かです。




しかし、肉まん父さんとしては、他のジャンルはともかくFX関係ではまず、他のサイト様のように、アフィリエイトにいそしむよりも、取引(トレード)関係で、事前公開での指し値で利益をあげたいと思っております。




ある意味昭和生まれの男の「意地」のようなものでございます(ニコッ)。




ついでですので、肉まん父さんのFX(外国為替証拠金取引)関係での、大きな「眼(目)」を少しご紹介させて頂きます。




今、肉まん父さんは久し振りにお酒を約一升近く飲んでいるところでございます。




今晩の7時過ぎくらいから飲み出して今は11時を回っています。




若い頃は1時間もあれば、一升くらいは飲んだこともございましたが、今、それをやると「急性アルコール中毒」で「天国」に召されてしまいます。




という、お馬鹿な話はおいといて、




「政治」「戦争」という点は横においておいて、「経済」という点で言えば、「地球(世界)」は「中国」という国が、キーワードならぬ「キー」となる「国」であろうと思っております。




アジアレベルで言えば、「中国」「インド」が重要であるということは、過去の記事でも何回か申し上げていますが、「地球(世界)」レベルで言っても、「中国」は大きな影響を持つ国だと思っております。




振り返ってみれば、1988年の「ソウルオリンピック」にむけての「韓国」という国の発展はすごいものがございました。




しかし、ソウルオリンピックが終わった後の「韓国」の経済状況に関しては、ここで肉まん父さんがいちいち申し上げなくても、インターネットの検索エンジンで調べると一目瞭然だと思っております。




そして、あれから20年経過した今年(2008年)の夏に北京オリンピックが行われます。




中国は2000年の夏季オリンピックの開催地争いをシドニーに僅差で破れて以来、この2008年オリンピックにいろいろな意味で命運をかけていた部分もあるようです。




そういう意味でも、ここ何年かのGDPをはじめとするいろいろな数値でも、中国の発展ぶりは「めざましい」ものがありました。




まるで「日本」の1960年の
「所得倍増計画」




に近い発展が見られることとなりました(ニコッ)。




しかし、肉まん父さんは、今年の夏の北京オリンピックが終わった後のことを想像しています。




以前、肉まん父さんは二年前の2006年に公開した





「米ドル円のシナリオ」




という記事にて、2008年の北京オリンピックまでは「米ドル」の価値は下がるだろうというきわめて個人的な見解をご紹介いたしましたが、逆に北京オリンピックが終了した今年度末以降は米ドルの価値が上がるかもしれません。




何よりも、1960年のアメリカ合衆国の大統領選を勝ち抜いた「ケネディ大統領」以来の「期待させるアメリカ大統領」が今年(2008年)に生まれることを肉まん父さんは期待しているのですから・・・。




今までになかった価値観のアメリカ合衆国の大統領が誕生することを期待している肉まん父さんです(ニコッ)。




もしっ、肉まん父さんが思っている大統領が選出されたならば、今現在の「サブプライム問題」を始めとする様々な問題は「改善」されると、個人的には期待しております。




ただし、「ダラスの惨劇」は二度とごめんですが・・・。




○○様、あなたの「本音」のコメントに対する肉まん父さんの本音の回答は以上でございます。




なにぶん、舌足らずなところと、「若輩(ニコッ)」ゆえの、あさはかな考えなどについては、「ご愛嬌」として、おみのがしくださいませ(ニコッ)。




いつも、当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」を、ご愛読くださっていることには、心より御礼申し上げます。


←ここまで一部引用でした。



という記事をご紹介させて頂きました。




そして、この記事を書いている




今(2008年10月11日)現在も、




肉まん父さん自身は、FXについて、「損をしない」方法を見つけることができていません。




ですので、FXに関する記事をご紹介できていない状態なのです。




紹介しても、「損をする可能性がある」と、自分自身で思っている方法は、わざわざ記事にして紹介することができないのです。




アフィリエイト目的などで、FXの記事を量産することも可能ですが、正直な本音を申し上げると、肉まん父さん自身は、当ブログに関しては、そういう記事は「いや」なのです。




ですから、「損をしない方法」が見つかっていないから、FXの記事を最近、ご紹介できていないのです。




ただ、今肉まん父さんが感じていることは、




2008年の10月の今現在では、




1、大きな資金を投入するのはやめる。


2、最初に入金した資金の範囲内での取引をこころがける。




という基本的な2点です。




それでも、ロスカット(強制終了)になっています。




肉まん父さんのポジションと考え方の具体的な内容について、一部ご紹介させて頂きます。




「2万円からのヒロセ通商」というサイトでの口座では、




今現在ポンド円の170円での買い建て→225円での売り決済ポジション




を1000通貨分構築しています。




資金は2万円ですので、ポンド円の値(レート)が、今の下落トレンドのまま150円を割り込んだら、ロスカット(強制決済)です。




そうなったら、すぐに追加入金をして2万円にして150円で買い建てポジションを持ちます。




そしてまた下がって130円以下になれば、また追加入金をして130円での買い建てポジションを構築します。




この繰り返しです。




ですから、投入する資金も2万円ずつと、少額での投資額にします。




でも、肉まん父さんの本音としては、ポンド円に関しては、もうそろそろ反転して上昇していくのではないかと思っています。



まかりまちがっても、ポンド円の値(レート)が




このまま下落を続けて




100円位になる可能性は、かなり小さいと思っています。




では、反転して上昇したら、どのあたりがふしめになるかといえば、205円前後を考えています。




ただし、将来的にまた安値をうかがうことになる可能性もおおいにあると感じていますので、ポンド円の205円での売り建て→155円での買い決済の指し値注文を入れているのです。



このポンド円の170円での買い建て→225円での売り決済



とポンド円の205円での売り建て→155円での買い決済については



「保険」のような感覚で



決済できなければ、



ずっとポジションを構築したままでよいと考えています。



むしろ、肉まん父さんが望んでいるのは




ポンド円の値(レート)が




205円〜225円くらいになることです。




その間のレンジトレードで




利益を上げたいと




感じています。




ちょうど10年前くらいに




ポンド円が大きく下落した後で




何年か続いたような




レンジトレード状態ですね。




肉まん父さん個人としては




200円〜225円という




このあたりがポンド円の個人的に考える適正価格ではないかと




勝手に思っています。



ですから、ポンド円が将来的に



205円をこえたところで、


210円での売り建て→205円での買い決済

215円での売り建て→210円での買い決済

220円での売り建て→215円での買い決済


ぐらいの取引(トレード)ができればよいなあ、くらいに感じています。




また、アメリカ経済に関してですが、




この11月の大統領選挙で




オバマ候補が見事当選したとしたら




改善方向に向かっていくと個人的に考えています。




今までのアメリカの大統領も素晴らしい人が多かったのですが、




また、新たな素晴らしいアメリカ合衆国を




つくりあげていく可能性を持った候補者だと




肉まん父さんは感じています。




ですから、今ポンド円が下落しているのも、




この大統領選の11月くらいを境に




変化しないかなぁ




と期待もしているところです。









個人的な思いをつらつらとご紹介させて頂きました。




○○様、今回の○○様のコメントに対する




回答は以上でございます。



まだまだ、いたらない所、足りない点は




ご勘弁願えればと思っております。




そして、今現在の当ブログの記事展開が




FX(外国為替証拠金取引)中心でないことも、




肉まん父さんがまだ、自信をもった記事が書けないからである、




というとらえ方でお願いしたいとおもっております。




本当に心のこもったコメントをありがとうございました。




○○様のような、濃い読者様にささえられているからこそ、当ブログは続けていることが出来るのだと、感謝しております。



これからも、よろしくお願いいたします。

             肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 11:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早々の記事アップ、ありがとうございました。
私の勝手な戯言に付き合わせてしまって、申し訳ないと思いました。
肉まん父さん様の思いも、よく分かりました。
でも、私のあくまで個人的な見解でしかないのですが、やっぱり相場頼み、という感を受けました。
私は普通の新聞も読んでいるし、持っている口座のニュースを見て、日々研鑽をしているつもりです。
でも、これから世界の経済がどうなるか、さっぱり分かりません。
ポンドもユーロもいったいどこまでいくんやろうと思います。
もちろん、上がるかもしれない、でもこれ以上に下がる可能性だって十分にあります。
それは、誰にも分からないことだと思うのです。
私の身近にも、肉まん父さん様のように考えてる、唯一の私のリアルのFX友達がいますが、私が何を言っても、「もうこのへんが底だから」といい、買いで入り、ストップも入れず、結局ロスカットということを繰り返しています。
彼が言うのは、「今は、異常なんだよ、動きが」。
じゃあ、正常な動きって何?
自分の都合のいい相場のこと?あるかいそんなもん。あっても長くは続かないもんだよ?
とケンカになりました。
彼は今、お休みしています。
私は彼のやり方が全部とはいいませんが、相場を予測しようとするのは無理だと思うので、間違っていると思ってます。
その友人と肉まん父さん様がかぶってしまい、つい感情的になってしまいました。すみません。
肉まん父さん様が好調だったころは、誰しも好調でした。ど素人の私ですら、儲けました。自分で儲けた気になっていましたが、相場に助けられていただけなのです。あの時期が、幸せだっただけなのだ、と、私は今思っています。


トレード法の違いはそれぞれ尊重すべきとは分かっているのですが・・・。

また来ます。

余計な口出しすみません。

Posted by ごませんべい at 2008年10月11日 12:17
 ごませんべい様、コメントありがとうございます。


 ごませんべい様のお友達様のおっしゃることもよくわかりますし、ごませんべい様がお友だち様に伝えた考えももっともだと思います。


 そして、肉まん父さんが好調だった頃は、ごませんべい様がおっしゃるように、


相場に助けられていただけなのです


ということは「強く」感じています。


でも、失敗しても失敗しても、いったん相場から離れてしまえば、今の値(レート)が、高すぎるのか、低すぎるのかという感覚が鈍ってしまうと思い、失敗しても失敗しても少額の取引をしているところです。


そして、今現在はっきりしていることは、肉まん父さん自身が、こうすれば「成功する」という「自分自身の考え」を持つことが出来ていません。


 だから、昔からブログをご覧になっている方などは、「はがゆい」「不満」だとお感じになるのも仕方がないと思っています。


 でも、間違っているかも知れない、という思いを押しつけることはできません。


 今、肉まん父さんができることは、「現在の肉まん父さんは、FXに関しては、確固たる方向性を見つけることが出来ていない」ということを、認めたうえで、少しでも「損しないためにはどうすれば良いか」「あるいは損する額を減らすためにはどうすれば良いか」を時間をかけて考えていくしかないと思っています。


 ごませんべい様のおっしゃる


 相場に助けられていただけなのです


 という言葉には、本当の本音の、実際に取引をしている人の重みがあります。


 肉まん父さん自身、そういう本音の言葉を、いずれは記事にもたくさん反映できるようにしたいと思っております。


 本当に、心の底からの本音のコメントをありがとうございます。


 今現在は、「どうしようもない状態」ですが、いつか、「少しでも変わったなぁ」と思って頂けるような記事をご紹介できたらと思っています。


 本当にありがとうございました。

 
 これからもよろしくお願いいたします。

           肉まん父さん
Posted by 肉まん父さん at 2008年10月11日 13:18
お答えくださってありがとうございます。
私も自分のスタイルを未だ確立できていません。
最近はいろんな人がトレード方法を具体的に公開してくれているので、それを参考にして、自分のアタマでちゃんと考え、私でもできる方法を模索しています。

お互い、というのもおこがましい気がしますが、この世界で生き残れるよう、頑張りましょう。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
Posted by ごませんべい at 2008年10月11日 16:56
 ごませんべい様、コメントありがとうございます。


 肉まん父さんが感じているFXの取引では、


 今現在のように、値動きが荒く、そしてこのあと、上に行くのか下に行くのかわからないような状態では、パソコンにきちんと向き合ってトレードするスタイルが良いと思っています。


 しかし、肉まん父さん自身は、個人的な事情(家庭内の事情)により、ずっとチャート画面に張り付いていたり、毎日決まった時間帯にチャート画面とむきあうことができません。


 そこで、おのずから、スイングトレードとなります。


 スイングトレードの場合は、中長期的な値(レート)が、これから上がっていくのか下がっていくのかということ。


 具体的には来月はどのような値(レート)になっているのか、また3ヶ月後はどうなっているのか、ということを自分で予想する必要があると思っています。

 
 その値(レート)の予想(見込み)が、肉まん父さん自身は、今現在まったく当たっていない状態なのです。


 これが、最近の肉まん父さんの実態です。


 ごませんべい様がおっしゃるように


この世界で生き残れるよう、頑張りましょう。


 というお申し出を守ることができるような行動をとっていきたいと思っております。

 
 本当にいろいろとありがとうございました。


 これからもよろしくお願いいたします。

           肉まん父さん
Posted by 肉まん父さん at 2008年10月11日 17:13
たびたびすみません。
肉まん父さん様がしめてくれたので、もう終わろうと思いましたが・・・違うかもと思ったら、黙っていられないどうしようもない性分で・・・。少しだけおつきあいください。

PCにずっと向かっていられる恵まれた環境の人って、逆に少ないと思うのです。

私も、フルタイムの仕事と主婦と三児の母親をしており、しかもそれなりにトシなので、仕事でも結構責任あることを任されているため、帰りも遅いんです。
早朝から夜遅くまで自分の時間なんて皆無、仕事中は携帯持ち込み禁止なので、昼休みにこそっとチェックくらいしかできません。毎日PCに向かう時間なんて一日30分から一時間が限度です。

でも私と似たような人や、もっとひどくてサラリーマンで海外出張ザラ、休み不定期、って人でも、ちゃんとFXで利益上げてるんですよね。
そしてみんなに共通して言えることは、ポジションを長くもたない、ということです。
基本はその日決済、長くても2日、という人ばかりです。

こないだのリーマンショックでも、私は目の前でどんどん落ちていく値を、ふるえながら見ていました。早く損切りすればいいのに、できないんです。「また上がるかも」などいう期待が邪魔して。

私はやっぱり肉まん父さんに教えてもらった、指値の新規決済が一番向いてると思いました。
なので、ちょっとアレンジした上に、ストップを入れています。注文出すときは、半分ストップにかかる覚悟、資金との相談をした上でです。
これで相場が見れなくても、気にせず仕事もできるし、眠れます。何日か見れない時も、ストップ以上に損はしないんですから。

これに慣れると逆に、ストップも入れずにポジションを何日も持っていたサブプライム前、私はなんて度胸があったんだろうと怖くなります。ストップさえかけていれば、あれほどまでに損失を出すことはなかったのに。

もちろんストップに遭っても、だいたいの場合、値は戻しています。ストップかけんかったらよかったと思うこともあります。でも、あの落ちていく恐怖を思えば、こんなん結果論やんとあきらめられます。

ストップをかける位置、これが今の私の最大の課題です。これがうまくできれば、たとえどんな相場でも、わずかな利益ずつでも、出せるんじゃないかと思います。


今頃の世界情勢を予想するのは本当に難しいと思います。はずれるのが、ある意味自然かと思います。

肉まん父さんには、チャート分析をしたり、ブログ更新したりという時間があるわけですよね?
時間的には、十分だと思いますよ。

これだけの方法を確立されたのですから、もっと効率的で、相場見なくても大丈夫な方法、きっと見つけられると思います。


結構失礼なことをまたもや長々と・・・本当にKYだよねと自分でも思いますが、全く他意はないです。そんなんお前に言われんでもわかっとるわい、とくらい逆に言ってくれても全然いいです。

私も勝手に頑張りますので・・・またいい情報があったら、教えてください!


Posted by ごませんべい at 2008年10月11日 21:57
 ごませんべい様、コメントありがとうございます。


 ごませんべい様も、肉まん父さんと同じく疑問点があれば、徹底して追求するタイプの方だとお見受けいたします。


 今の肉まん父さんの「ストップ」についての考え方をお伝えいたします。


 実は、「2万円からのヒロセ通商」で、ストップを試しているところです。


 とはいっても、肉まん父さんのいうストップとは「ロスカット(強制決済)」のことです。


 1000通貨取引ですので、


 2万円=20円反対方向に値(レート)が移動で、ロスカット(強制決済)となります。


 かなり危険な方法ですが、2万円ずつの出費はある程度仕方がないものとして、ポンド円に関しての、今回の下落の本当の底を確かめたいと思っているのです。

 
 去年(2008年)の7月から8月の経験により、ポンド円の当面の上限は250円前後だということはわかりました。


 今現在は、ポンド円の下限を知りたいと思っているところです。


 今年(2008年)の3月の時点では下限は192円前後でした。


 あのときに、下降トレンドだと判断して200円以下で「売り」ポジションをとった人は、この9月までは耐えに耐えたことだろうと推察しております。


 しかし、肉まん父さんの個人的な思いとしては、その時期にドル円が95円前後でポンド円が192円近くだったレートとあわせてみても、今のドル円が100円前後でポンド円が170円前後というのは、明らかに「行き過ぎ=下げ過ぎ」だと思っております。


 これは、以前にも申し上げたように、ドル円に対しては、国家レベルでの「為替介入」の可能性があるのにたいして、ポンド円には、その可能性は「ない」ということによるのではないかと思っております。


 それを良いことに、「投機筋」が個人投資家をもてあそんでいるのだとも、思っています。


 どう考えても、個人的には、今のポンド円の値(レート)はあきらかに、「下げすぎ」だと思っています。


 しかし、「結果がすべて」です。


 「おかしい」と思っていても、現実の値(レート)がそうであれば、「不条理」だと思っていても、従わないといけません。


 ですので、肉まん父さんは、今のポンド円の本当の下限レートを知りたいと思っています。


 ですので、いくらかのお金が無駄になっても、20円ずつの「ストップ」扱いのロスカットで、ポンド円の下限を追いかけていこうと思っています。


 そして、ポンド円の下限がわかったあとには、「資金」を増やして勝負をかけることも考えています。




 とにかく、今は「投機筋」か何かわかりませんが、必要以上にポンド円の値(レート)をかきみだしている「存在」を追いかけている状態です。


 ポンド円に関しては、五円位のストップをおいていても、すぐに「刈り取られる」とおもっています。


 その繰り返しで資金を失い、また「精神的にも大きなダメージ」をうけるならば、「最初から開き直る」考えで、「2万円=20円ずつのストップ」という考えでのロスカットを甘んじてうけようというスタンス(姿勢)でおります。


 ただし、この考え方は、一般的には、受け入れられる考え方ではありません


 だから、今の今まで一切ふれなかったのです。


 しかし、今回の「ごませんべい」様からいただいたコメントに対しては、もう肉まん父さんのストップに対する考え方としての、今回の「2万円=20円」について、ご紹介した方が良い、と判断してお伝えさせて頂きました。


 それから、チャート分析に関してですが、正直なところ、今は以前ほどそういう時間をとることはできておりません。


 正直言って、今はチャート分析は1ヶ月に1回か2回しているだけでございます。


 ごませんべい様がおっしゃるように、時間をとろうと思えばとることはできるのだろうと思いますが、「精神的」にしんどいのです。


 それは当ブログからリンクもはっていないので、一般の方には知られていないのですが、肉まん父さんが別のHN(ハンドルネーム)で運営している「認知症の現実」というサイトを「Google」で検索してご覧いただければ、肉まん父さんの普段の生活や現実が少しはおわかりだと思っています。


 本日も、さるところから、携帯電話に何回か呼び出しがかかったのですが、


 かって、過去の記事でもご紹介したように、何年か前の肉まん父さんのように、1日に15時間くらい働いていても、朝の6時くらいに家を出て、夜中の1時すぎには家に帰ることができるよ、1日に2〜3時間はまわりのことを考えることなしにぐっすりと眠ることが出来るよ、という規則的な生活を続けていた方が楽なのです。


 いつなんどき、わけのわからない連絡がはいるかわからない、という、ある意味二十四時間緊張状態にいる方がはるかにしんどいのです(すくなくとも今の肉まん父さんにとっては・・・)。


 精神的には、今はとてもつらい状態なのです。


 あっ、


 個人的な愚痴をもうしてもうしわけございません。


 以前は、1日に何回も更新していた当ブログがなぜ一週間に二回しか更新しないようになったかも「認知症の現実」をご覧になれば少しは「おわかり」だと思っています。


 こちらこそ、失礼なことばかり申し上げたかも知れません。


 繰り返し申し上げると、肉まん父さんにとっては、資金が減るのを覚悟しての「2万円=20円」がストップ=ロスカットと考えています。


 これは、今回の「ごませんべい」様のコメントに対して、初めて公開する本音の考え方でございます。


 本音でコメントをいただく分には、KYもなにもございません。


 相手の心に届くならばすべて「名言」でございます。


 ごませんべい様こそ、これからも当ブログを、お見捨てにならないようにと、肉まん父さんからお願いいたします。


 今回も「本音」のコメントをありがとうございました。


 これからも、よろしくお願いいたします。

           肉まん父さん
Posted by 肉まん父さん at 2008年10月11日 23:43
きちんとご説明いただいてありがとうございました。

この二日間、いろいろあってPCの前に来られませんでした。肉まん父さん様が丁寧にコメントくださっているのに、失礼して申し訳ありませんでした。

肉まん父さん様のお考え、よくわかりました。
おうちのご事情(まだ別のブログには行っていません、すみません。)もあり、そういうお考えもあり、決められた方針ですものね。
私の考えとは違う、というだけで、私がそれを指摘、主張するのは、おかしい、と思いました。
自分のトレード方法をここで主張して、いったい何をしたいんだ?と思いました。

ストップに関してだけでも、うまく言えませんが、考え方や、実践の目的が私とは違うんだ、と思います。

当たり前ですよね。

肉まん父さんは肉まん父さん、私は私なのですから。
置かれた状況、性格、ストレスを感じる部分、全て違うのだから、同じトレードにはならないですよね。

で、どっちがいいかなんて、それも誰にも分からない。相場は生き物ですから、気まぐれにいつでもいい顔してくれませんもんね。

自分で自分なりに頑張る、ということですよね。

最初からそんなこと分かっとるやろうとツッコミが来そうですが、ここまでご迷惑をかけて、やっと気がつくのが、私で・・・・本当にすみません。

今度こそ、最後にします。(この流れに関して、だけですよ。またひょっこり来ますので)

いろいろ大変みたいですが、お体もお気持ちも、そしてFXも、お元気で過ごされますよう、お祈りしています。

私も今からまた、チャートにごあいさつして、寝ます。

お休みなさい。

私の戯言に付き合っていただき、本当にありがとうございました。

                ごませんべい




Posted by ごませんべい at 2008年10月13日 22:42
 ごませんべい様、コメントありがとうございます。


 こちらこそ、いろいろと不快、あるいは「もやもや」とした思いをさせてしまい、申し訳なく思っております。


 今月は無理だと思うのですが、来月以降に、


 また、FX関係で、じっくりと時間をとって、考えた記事をご紹介できたらと思っております。


 今は、ただ静かに今のFX(外国為替証拠金取引)に状況を見守るだけでございます。


 この一連のごませんべい様の本音のコメントにより、肉まん父さん自身も、いろいろと考えさせられたこともたくさんあり、気付かされたこともたくさんあります。


 いずれ、その考えさせられた、気付かされたことを記事に反映できるように努力したいと思っております。


 本当にありがとうございました。


 これからもよろしくお願いいたします。


         肉まん父さん
Posted by 肉まん父さん at 2008年10月13日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
あいうえお順メニュー お好きなタイトルをご覧下さい。
「あ〜はじまるタイトル」
「ア〜はじまるタイトル」
「い〜はじまるタイトル」
「イ〜はじまるタイトル」
「う(ウ)〜はじまるタイトル」
「え〜はじまるタイトル」
「お〜はじまるタイトル」
「か〜はじまるタイトル」
「カ〜はじまるタイトル」
「き〜はじまるタイトル」
「キ〜はじまるタイトル」
「く〜はじまるタイトル」
「ク〜はじまるタイトル」
「け〜はじまるタイトル」
「こ〜はじまるタイトル」
「コ〜はじまるタイトル」
「さ〜はじまるタイトル」
「サ〜はじまるタイトル」
「し〜はじまるタイトル」
「す〜はじまるタイトル」
「ス〜はじまるタイトル」
「せ(セ)〜はじまるタイトル」
「そ〜はじまるタイトル」
「た〜はじまるタイトル」
「タ〜はじまるタイトル」
「ち〜はじまるタイトル」
「つ〜はじまるタイトル」
「て〜はじまるタイトル」
「テ〜はじまるタイトル」
「と〜はじまるタイトル」
「ト〜はじまるタイトル」
「な〜はじまるタイトル」
「ナ〜はじまるタイトル」
「に〜はじまるタイトル」
「ニ〜はじまるタイトル」
「ね〜はじまるタイトル」
「ネ〜はじまるタイトル」
「の〜はじまるタイトル」
「は〜はじまるタイトル」
「ハ〜はじまるタイトル」
「ひ〜はじまるタイトル」
「ふ〜はじまるタイトル」
「フ〜はじまるタイトル」
「ほ〜はじまるタイトル」
「ホ〜はじまるタイトル」
「ま〜はじまるタイトル」
「マ〜はじまるタイトル」
「み〜はじまるタイトル」
「む〜はじまるタイトル」
「め〜はじまるタイトル」
「メ〜はじまるタイトル」
「も〜はじまるタイトル」
「や〜はじまるタイトル」
「ゆ〜はじまるタイトル」
「よ〜はじまるタイトル」
「ら〜はじまるタイトル」
「り〜はじまるタイトル」
「ろ〜はじまるタイトル」
「わ〜はじまるタイトル」