「百人一首の肉まん父さん百人一首」はYahooディレクトリに、登録されました
「肉まん父さんフラッシュ」
を新設
最近の記事クリックするとその記事に移動できます。
最近の記事

2017.11.19up 
「今も保有中」

2017.11.18up 
「今も保有中」

2017.11.17up 
「今も保有中」

2017.11.16up 
「今も保有中」

2017.11.15up 
「今も保有中」

2017.11.14up 
「今も保有中」

2017.11.13up 
「今も保有中」

2017.11.12up 
「今も保有中」

2017.11.11up 
「今も保有中」

2017.11.10up 
「今も保有中」

2017.11.9up 
「今も保有中」

2017.11.8up 
「今も保有中」

2017.11.7up 
「今も保有中」

2017.11.6up 
「今も保有中」

2017.11.5up 
「今も保有中」

2017.11.4up 
「今も保有中」

2017.11.3up 
「今も保有中」

2017.11.2up 
「今も保有中」

2017.11.1up 
「今も保有中」

2017.10.31up 
「今も保有中」

2017.10.30up 
「今も保有中」

2017.10.29up 
「今も保有中」

2017.10.28up 
「今も保有中」

2017.10.27up 
「今も保有中」

2017.10.26up 
「今も保有中」

2017.10.25up 
「今も保有中」

2017.10.24up 
「今も保有中」

2017.10.23up 
「今も保有中」

2017.10.22up 
「今も保有中」

2017.10.21up 
「今も保有中」

2017.10.20up 
「今も保有中」

2017.10.19up 
「今も保有中」

2017.10.18up 
「今も保有中」

2017.10.17up 
「今も保有中」

2017.10.16up 
「今も保有中」

2017.10.15up 
「今も保有中」

2017.10.14up 
「今も保有中」

2017.10.13up 
「今も保有中」

2017.10.12up 
「今も保有中」

2017.10.11up 
「今も保有中」

2017.10.10up 
「今も保有中」

2017.10.9up 
「今も保有中」

2017.10.8up 
「今も保有中」

2017.10.7up 
「今も保有中」

2017.10.6up 
「今も保有中」

2017.10.5up 
「今も保有中」

2017.10.4up 
「今も保有中」

2017.10.3up 
「今も保有中」

2017.10.2up 
「今も保有中」

2017.10.1up 
「今も保有中」

2017.9.30up 
「今も保有中」

2017.9.29up 
「今も保有中」

2017.9.28up 
「今も保有中」

2017.9.27up 
「今も保有中」

2017.9.26up 
「今も保有中」

2017.9.25up 
「今も保有中」

2017.9.24up 
「今も保有中」

2017.9.23up 
「今も保有中」

2017.9.22up 
「今も保有中」

2017.9.21up 
「今も保有中」

2017.9.20up 
「今も保有中」

2017.9.19up 
「今も保有中」

2017.9.18up 
「今も保有中」

2017.9.17up 
「今も保有中」

2017.9.16up 
「今も保有中」

2017.9.15up 
「今も保有中」

2017.9.14up 
「今も保有中」

2017.9.13up 
「今も保有中」

2017.9.12up 
「今も保有中」

2017.9.11up 
「今も保有中」

2017.9.10up 
「今も保有中」

2017.9.9up 
「今も保有中」

2017.9.8up 
「今も保有中」

2017.9.7up 
「今も保有中」

2017.9.6up 
「今も保有中」

2017.9.5up 
「今も保有中」

2017.9.4up 
「今も保有中」

2017.9.3up 
「今も保有中」

2017.9.2up 
「今も保有中」

2017.9.1up 
「今も保有中」

2017.8.31up 
「今も保有中」

2017.8.30up 
「今も保有中」

2017.8.29up 
「今も保有中」

2017.8.28up 
「今も保有中」

2017.8.27up 
「今も保有中」

2017.8.26up 
「今も保有中」

2017.8.25up 
「今も保有中」

2017.8.24up 
「今も保有中」

2017.8.23up 
「今も保有中」

2017.8.22up 
「今も保有中」

2017.8.21up 
「今も保有中」

2017.8.20up 
「今も保有中」

2017.8.19up 
「今も保有中」

2017.8.18up 
「今も保有中」

2017.8.17up 
「今も保有中」

2017.8.16up 
「今も保有中」

2017.8.15up 
「今も保有中」

2017.8.14up 
「今も保有中」

2017.8.13up 
「今も保有中」

2017.8.12up 
「今も保有中」

2017.8.11up 
「今も保有中」

2017.8.10up 
「今も保有中」

2017.8.9up 
「今も保有中」

2017.8.8up 
「今も保有中」

2017.8.7up 
「今も保有中」

2017.8.6up 
「今も保有中」

2017.8.5up 
「今も保有中」

2017.8.4up 
「今も保有中」

2017.8.3up 
「今も保有中」

2017.8.2up 
「今も保有中」

2017.8.1up 
「今も保有中」

2017.7.31up 
「今も保有中」

2017.7.30up 
「今も保有中」

2017.7.29up 
「今も保有中」

2017.7.28up 
「今も保有中」

2017.7.27up 
「今も保有中」

2017.7.26up 
「今も保有中」

2017.7.25up 
「今も保有中」

2017.7.24up 
「今も保有中」

2017.7.23up 
「今も保有中」

2017.7.22up 
「今も保有中」

2017.7.21up 
「今も保有中」

2017.7.20up 
「今も保有中」

2017.7.19up 
「今も保有中」

2017.7.18up 
「今も保有中」

2017.7.17up 
「今も保有中」

2017.7.16up 
「今も保有中」

2017.7.15up 
「今も保有中」

2017.7.14up 
「今も保有中」

2017.7.13up 
「今も保有中」

2017.7.12up 
「今も保有中」

2017.7.11up 
「今も保有中」

2017.7.10up 
「今も保有中」

2017.7.9up 
「今も保有中」

2017.7.8up 
「今も保有中」

2017.7.7up 
「今も保有中」

2017.7.6up 
「今も保有中」

2017.7.5up 
「今も保有中」

2017.7.4up 
「今も保有中」

2017.7.3up 
「今も保有中」

2017.7.2up 
「今も保有中」

2017.7.1up 
「今も保有中」

2017.6.30up 
「今も保有中」

2017.6.29up 
「今も保有中」

2017.6.28up 
「今も保有中」

2017.6.27up 
「今も保有中」

2017.6.26up 
「今も保有中」

2017.6.25up 
「今も保有中」

2017.6.24up 
「今も保有中」

2017.6.23up 
「今も保有中」

2017.6.22up 
「今も保有中」

2017.6.21up 
「今も保有中」

2017.6.20up 
「今も保有中」

2017.6.19up 
「今も保有中」

2017.6.18up 
「今も保有中」

2017.6.17up 
「今も保有中」

2017.6.16up 
「今も保有中」

2017.6.15up 
「今も保有中」

2017.6.14up 
「今も保有中」

2017.6.13up 
「今も保有中」

2017.6.12up 
「今も保有中」

2017.6.11up 
「今も保有中」

2017.6.10up 
「今も保有中」

2017.6.9up 
「今も保有中」

2017.6.8up 
「今も保有中」

2017.6.7up 
「今も保有中」

2017.6.6up 
「今も保有中」

2017.6.5up 
「今も保有中」

2017.6.4up 
「今も保有中」

2017.6.3up 
「今も保有中」

2017.6.2up 
「今も保有中」

2017.6.1up 
「今も保有中」

2017.5.31up 
「今も保有中」

2017.5.30up 
「今も保有中」

2017.5.29up 
「今も保有中」


「今も保有中」
2017.5.27up 
「今も保有中」

2017.5.26up 
「今も保有中」

2017.5.25up 
「今も保有中」

2017.5.24up 
「今も保有中」

2017.5.23up 
「今も保有中」

2017.5.22up 
「今も保有中」

2017.5.21up 
「今も保有中」

2017.5.20up 
「今も保有中」

2017.5.19up 
「今も保有中」

2017.5.18up 
「今も保有中」

2017.5.17up 
「今も保有中」

2017.5.16up 
「今も保有中」

2017.5.15up 
「今も保有中」

2017.5.14up 
「今も保有中」

2017.5.13up 
「今も保有中」

2017.5.12up 
「今も保有中」

2017.5.11up 
「今も保有中」

2017.5.10up 
「今も保有中」

2017.5.9up 
「今も保有中」

2017.5.8up 
「今も保有中」

2017.5.7up 
「今も保有中」

2017.5.6up 
「今も保有中」

2017.5.5up 
「今も保有中」

2017.5.4up 
「今も保有中」

2017.5.3up 
「今も保有中」

2017.5.2up 
「今も保有中」

2017.5.1up 
「今も保有中」

2017.4.30up 
「今も保有中」

2017.4.29up 
「今も保有中」

2017.4.28up 
「今も保有中」

2017.4.27up 
「今も保有中」

2017.4.26up 
「今も保有中」

2017.4.25up 
「今も保有中」

2017.4.24up 
「今も保有中」

2017.4.23up 
「今も保有中」

2017.4.22up 
「今も保有中」

2017.4.21up 
「今も保有中」

2017.4.20up 
「今も保有中」

2017.4.19up 
「今も保有中」

2017.4.18up 
「今も保有中」

2017.4.17up 
「今も保有中」

2017.4.16up 
「今も保有中」

2017.4.15up 
「今も保有中」

2017.4.14up 
「今も保有中」

2017.4.13up 
「今も保有中」

2017.4.12up 
「今も保有中」

2017.4.11up 
「今も保有中」

2017.4.10up 
「今も保有中」

2017.4.9up 
「今も保有中」

2017.4.8up 
「今も保有中」

2017.4.7up 
「今も保有中」

2017.4.6up 
「今も保有中」

2017.4.5up 
「今も保有中」

2017.4.4up 
「今も保有中」

2017.4.3up 
「今も保有中」

2017.4.2up 
「今も保有中」

2017.4.1up 
「今も保有中」

2017.3.31up 
「今も保有中」

2017.3.30up 
「今も保有中」

2017.3.29up 
「今も保有中」

2017.3.28up 
「今も保有中」

2017.3.27up 
「今も保有中」

2017.3.26up 
「今も保有中」

2017.3.25up 
「今も保有中」

2017.3.24up 
「今も保有中」

2017.3.23up 
「今も保有中」

2017.3.22up 
「今も保有中」

2017.3.21up 
「今も保有中」

2017.3.20up 
「今も保有中」

2017.3.19up 
「今も保有中」

2017.3.18up 
「今も保有中」

2017.3.17up 
「今も保有中」

2017.3.16up 
「今も保有中」

2017.3.15up 
「今も保有中」

2017.3.14up 
「今も保有中」

2017.3.13up 
「今も保有中」

2017.3.12up 
「今も保有中」

2017.3.11up 
「今も保有中」

2017.3.10up 
「今も保有中」

2017.3.9up 
「今も保有中」

2017.3.8up 
「今も保有中」

2017.3.7up 
「今も保有中」

2017.3.6up 
「今も保有中」

2017.3.5up 
「今も保有中」

2017.3.4up 
「今も保有中」

2017.3.3up 
「今も保有中」

2017.3.2up 
「今も保有中」

2017.3.1up 
「今も保有中」

2017.2.28up 
「今も保有中」

2017.2.27up 
「今も保有中」

2017.2.26up 
「今も保有中」

2017.2.25up 
「今も保有中」

2017.2.24up 
「今も保有中」

2017.2.23up 
「今も保有中」

2017.2.22up 
「今も保有中」

2017.2.21up 
「今も保有中」

2017.2.20up 
「今も保有中」

2017.2.19up 
「今も保有中」

2017.2.18up 
「今も保有中」

2017.2.17up 
「今も保有中」

2017.2.16up 
「今も保有中」

2017.2.15up 
「今も保有中」

2017.2.14up 
「今も保有中」

2017.2.13up 
「今も保有中」

2017.2.12up 
「今も保有中」

2017.2.11up 
「今も保有中」

2017.2.10up 
「今も保有中」

2017.2.9up 
「今も保有中」

2017.2.8up 
「今も保有中」

2017.2.7up 
「今も保有中」

2017.2.6up 
「今も保有中」

2017.2.5up 
「今も保有中」

2017.2.4up 
「今も保有中」

2017.2.3up 
「今も保有中」

2017.2.2up 
「今も保有中」

2017.2.1up 
「今も保有中」

2017.1.31up 
「今も保有中」

2017.1.30up 
「今も保有中」

2017.1.29up 
「今も保有中」

2017.1.28up 
「今も保有中」

2017.1.27up 
「今も保有中」

2017.1.26up 
「今も保有中」

2017.1.25up 
「今も保有中」

2017.1.24up 
「今も保有中」

2017.1.23up 
「今も保有中」

2017.1.22up 
「今も保有中」

2017.1.21up 
「今も保有中」

2017.1.20up 
「今も保有中」

2017.1.19up 
「今も保有中」

2017.1.18up 
「今も保有中」

2017.1.17up 
「今も保有中」

2017.1.16up 
「今も保有中」

2017.1.15up 
「今も保有中」

2017.1.14up 
「今も保有中」

2017.1.13up 
「今も保有中」

2017.1.12up 
「今も保有中」

2017.1.11up 
「今も保有中」

2017.1.10up 
「今も保有中」

2017.1.9up 
「今も保有中」

2017.1.8up 
「今も保有中」

2017.1.7up 
「今も保有中」

2017.1.6up 
「今も保有中」

2017.1.5up 
「今も保有中」

2017.1.4up 
「今も保有中」

2017.1.3up 
「今も保有中」

2017.1.2up 
「今も保有中」

2017.1.1up 
「今も保有中」

2016年12月以前の記事は右下の「過去ログ」から、お探し下さい。

2011年12月31日

年季が入る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

年季が入る


年季が入る(ねんきがはいる)


「長い間修練を積んで確かな腕をしている。」という意味で使われることが多いようです。


「年季が入った技を見せる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「年季が入る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

濡れ手で粟


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

濡れ手で粟


濡れ手で粟(ぬれてであわ)


「ぬれた手で粟をつかむと、粟粒がたくさんくっついてくることから、苦労しないで利益を得ることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「濡れ手で粟のぼろもうけ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「濡れ手で粟」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:濡れ手で粟
posted by 肉まん父さん at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

二匹目の泥鰌を狙う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

二匹目の泥鰌を狙う


二匹目の泥鰌を狙う(にひきめのどじょうをねらう)


「一度成功した方法で二度目の成功をねらう。柳の下にいつも泥鰌はいない、ともいう。」という意味で使われることが多いようです。


「ヒットしたドラマの続編を作って二匹目の泥鰌を狙う。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「二匹目の泥鰌を狙う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

生兵法は大怪我のもと


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

生兵法は大怪我のもと


生兵法は大怪我のもと(なまびょうほうはおおけがのもと)


「弱者が、自分の弱さをかえりみず、強敵に立ち向かうことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「たとえ蟷螂の斧と言われようと、最後まで抵抗しよう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「生兵法は大怪我のもと」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

蟷螂の斧


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

蟷螂の斧


蟷螂の斧(とうろうのおの)


「弱者が、自分の弱さをかえりみず、強敵に立ち向かうことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「たとえ蟷螂の斧と言われようと、最後まで抵抗しよう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「蟷螂の斧」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:蟷螂の斧
posted by 肉まん父さん at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

天に唾する


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

天に唾する


天に唾する(てんにつばする)


「他人を害しようとしてかえって自身が災いを招くことのたとえ。天に唾して己が面にかかる。」という意味で使われることが多いようです。


「見当違いの敵愾心は天に唾するに等しい。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「天に唾する」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:天に唾する
posted by 肉まん父さん at 07:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

鶴は千年亀は万年


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

鶴は千年亀は万年


鶴は千年亀は万年(つるはせんねんかめはまんねん)


「長生きを、祝ったり、とても、おめでたいことを、祝うときに、使うことば。」という意味で使われることが多いようです。


「鶴は千年亀は万年、ますますのご長寿を祈ります。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「鶴は千年亀は万年」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

提灯に釣り鐘


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

提灯に釣り鐘


提灯に釣り鐘(ちょうちんにつりがね)


「提灯と釣り鐘は形は似ているが、大きさや重さは比較にならないことから、釣り合わないことや、比較にならないことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「A社とB社の合併では提灯に釣り鐘だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「提灯に釣り鐘」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

竹を割ったよう


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

竹を割ったよう


竹を割ったよう(たけをわったよう)


「《竹は一直線に割れるところから》気性のさっぱりしているさま。」という意味で使われることが多いようです。


「竹を割ったような性格の人。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「竹を割ったよう」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

その手は桑名の焼き蛤


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

その手は桑名の焼き蛤


その手は桑名の焼き蛤(そのてはくわなのやきはまぐり)


「いくらうまいことを言っても、そんなことぐらいではひっかからないということ。」という意味で使われることが多いようです。


「どっこいその手は桑名の焼きはまぐりだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「その手は桑名の焼き蛤」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

席の暖まる暇が無い


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

席の暖まる暇が無い


席の暖まる暇が無い(せきのあたたまるいとまがない)


「1か所に落ち着いていられないほど忙しい。」という意味で使われることが多いようです。


「次から次に会議があって席の暖まる暇が無い。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「席の暖まる暇が無い」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

隅に置けない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

隅に置けない


隅に置けない(すみにおけない)


「その人が意外に経験豊かであったり、才能・知識などがあったりして、あなどれない。」という意味で使われることが多いようです。


「裏取引を持ちかけてくるとは、隅に置けないやつだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「隅に置けない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

地獄の沙汰も金次第


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

地獄の沙汰も金次第


地獄の沙汰も金次第(じごくのさたもかねしだい)


「地獄の裁判も金の力で有利になる。この世はすべて金の力で左右されるというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「訴えられかけたが、大金を積んで解決したそうだ。地獄の沙汰も金次第だね。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「地獄の沙汰も金次第」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

策士策に溺れる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

策士策に溺れる


策士策に溺れる(さくしさくにおぼれる)


「策略を立てることが巧みな者は、策略に頼りすぎて物事の大局を見失い、かえって失敗する。」という意味で使われることが多いようです。


「あまり策をめぐらすと命取りになるよ。策士策に溺れるだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「策士策に溺れる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

郷に入っては郷に従え


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

郷に入っては郷に従え


郷に入っては郷に従え(ごうにいってはごうにしたがえ)


「その土地へ行ったら、その土地の習慣にしたがうのがよいということ。」という意味で使われることが多いようです。


「郷に入っては郷に従えだから、あまり生活が派手にならないようにしている。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「郷に入っては郷に従え」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

下駄を預ける


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

下駄を預ける


下駄を預ける(げたをあずける)


「自分の下駄を人に預けると自由に動くことができなくなることから、相手に物事の処置や責任などを一切任せること。」という意味で使われることが多いようです。


「この問題に関しては審議会に下駄を預ける形になった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「下駄を預ける」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

苦汁を嘗める


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

苦汁を嘗める


苦汁を嘗める(くじゅうをなめる)


「つらくて嫌な思いをする。にがい経験をする。」という意味で使われることが多いようです。


「落選の苦汁を嘗める。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「苦汁を嘗める」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

疑心暗鬼を生ず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

疑心暗鬼を生ず


疑心暗鬼を生ず(ぎしんあんきをしょうず)


「疑いの心が暗闇に鬼を生じさせる。疑心があると何でもないものまで恐ろしくなるという意味。「疑心」と「暗鬼」は類義語のように認識されるが、本来は「疑心が暗鬼を生む」。」という意味で使われることが多いようです。


「盗難事件以来、疑心暗鬼を生ずで、仲間までも疑うようになった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「疑心暗鬼を生ず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

隗より始めよ


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

隗より始めよ


隗より始めよ(かいよりはじめよ)


「遠大な事をするには、まず手近かなことから始めるのがよいということ。また、事を始めるには、言い出した本人から始めよ、の意にも用いる。」という意味で使われることが多いようです。


「隗より始めよというように、海外市場を開拓するならばまなず十分なデータ分析が必要だ」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「隗より始めよ」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

大船に乗ったよう


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

大船に乗ったよう


大船に乗ったよう(おおぶねにのったよう)


「信頼できる者に任せて、安心しきっているようす。親船に乗ったよう。」という意味で使われることが多いようです。


「あの銀行が融資してくれるなら大船に乗ったようなものだ」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「大船に乗ったよう」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

海老で鯛を釣る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

海老で鯛を釣る


海老で鯛を釣る(えびでたいをつる)


「小さい海老で、大きな鯛を釣る。わずかな元手や労力で、大きな利益を得ることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「海老で鯛を釣るようなぼろい商売。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「海老で鯛を釣る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

嘘から出た実


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

嘘から出た実


嘘から出た実(うそからでたまこと)


「嘘のつもりであったものが、結果的に、はからずも真実となること。」という意味で使われることが多いようです。


「遊び半分で始めた動物占いが、嘘から出た実で、本まで書くようになった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「嘘から出た実」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

息の臭きは主知らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

息の臭きは主知らず


息の臭きは主知らず(いきのくさきはぬししらず)


「自分の欠点は自分ではわからないことのたとえ。自分の息の臭さは自分では気がつかないことから。」という意味で使われることが多いようです。


「自分では親切だと思っているらしいが、息の臭きは主知らず。よけいなおせっかいだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「息の臭きは主知らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

朝に紅顔ありて夕べには白骨となる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

朝に紅顔ありて夕べには白骨となる


朝に紅顔ありて夕べには白骨となる(あしたにこうがんありてゆうべにははっこつとなる)


「人の生死の予測できないこと。世の中の無常なこと。健康そうな顔をしていた若い人が、夕方には急死して白骨となってしまう意から。」という意味で使われることが多いようです。


「朝に紅顔ありて夕べには白骨となるは人ごとではない。いつ突然死や事故死に見舞われるかわからないのだから、常に死を意識しておくべきだろう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「朝に紅顔ありて夕べには白骨となる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

綿のように疲れる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

綿のように疲れる


綿のように疲れる(わたのようにつかれる)


「非常に疲れることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「一日中働きづめで、からだが綿のように疲れる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「綿のように疲れる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

論語読みの論語知らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

論語読みの論語知らず


論語読みの論語知らず(ろんごよみのろんごしらず)


「書物に書いてあることを知識として理解するだけで、それを生かして実行できない人をあざけっていう。」という意味で使われることが多いようです。


「倫理学を学びながら不正を働く。ああいう輩を論語読みの論語知らずというのだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「論語読みの論語知らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

良薬は口に苦し


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

良薬は口に苦し


良薬は口に苦し(りょうやくはくちににがし)


「良薬は口に苦しとは、自分のためになるような忠言は、素直に聞きづらいものだというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「良薬は口に苦しで、人の忠告を素直に聞くのは難しい。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「良薬は口に苦し」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

落花狼藉


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

落花狼藉


落花狼藉(らっかろうぜき)


「花が散り乱れているようす。転じて物が入り乱れて散らかっているさま。また、花を散らすような乱暴な行いということから、花を女性に見立てて、女性に乱暴をはたらくこと。」という意味で使われることが多いようです。


「病舎や教育隊の二階建は既に聳そびえていない。落花狼藉、ぺしゃんこという言葉が最適の表現である。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「落花狼藉」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:落花狼藉
posted by 肉まん父さん at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

弱り目に祟り目


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

弱り目に祟り目


弱り目に祟り目(よわりめにたたりめ)


「弱ったところにさらに追い討ちをかけるように困った事が起こる事。災難が続く事。」という意味で使われることが多いようです。


「転んで怪我するは、お財布落とすまで落とす。「弱り目に祟り目」だよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「弱り目に祟り目」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

揺り籠から墓場まで


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

揺り籠から墓場まで


揺り籠から墓場まで(ゆりかごからはかばまで)


「生まれてから死ぬまで、生涯にわたって社会保障が実施されること。」という意味で使われることが多いようです。


「福祉国家では揺り籠から墓場までの生活が保障されなくてはならない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「揺り籠から墓場まで」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

柳に風


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

柳に風


柳に風(やなぎにかぜ)


「逆らわずに上手に受け流すこと。」という意味で使われることが多いようです。


「何を言われようと、柳に風と受け流す。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「簗場に風」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:柳に風
posted by 肉まん父さん at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あいうえお順メニュー お好きなタイトルをご覧下さい。
「あ〜はじまるタイトル」
「ア〜はじまるタイトル」
「い〜はじまるタイトル」
「イ〜はじまるタイトル」
「う(ウ)〜はじまるタイトル」
「え〜はじまるタイトル」
「お〜はじまるタイトル」
「か〜はじまるタイトル」
「カ〜はじまるタイトル」
「き〜はじまるタイトル」
「キ〜はじまるタイトル」
「く〜はじまるタイトル」
「ク〜はじまるタイトル」
「け〜はじまるタイトル」
「こ〜はじまるタイトル」
「コ〜はじまるタイトル」
「さ〜はじまるタイトル」
「サ〜はじまるタイトル」
「し〜はじまるタイトル」
「す〜はじまるタイトル」
「ス〜はじまるタイトル」
「せ(セ)〜はじまるタイトル」
「そ〜はじまるタイトル」
「た〜はじまるタイトル」
「タ〜はじまるタイトル」
「ち〜はじまるタイトル」
「つ〜はじまるタイトル」
「て〜はじまるタイトル」
「テ〜はじまるタイトル」
「と〜はじまるタイトル」
「ト〜はじまるタイトル」
「な〜はじまるタイトル」
「ナ〜はじまるタイトル」
「に〜はじまるタイトル」
「ニ〜はじまるタイトル」
「ね〜はじまるタイトル」
「ネ〜はじまるタイトル」
「の〜はじまるタイトル」
「は〜はじまるタイトル」
「ハ〜はじまるタイトル」
「ひ〜はじまるタイトル」
「ふ〜はじまるタイトル」
「フ〜はじまるタイトル」
「ほ〜はじまるタイトル」
「ホ〜はじまるタイトル」
「ま〜はじまるタイトル」
「マ〜はじまるタイトル」
「み〜はじまるタイトル」
「む〜はじまるタイトル」
「め〜はじまるタイトル」
「メ〜はじまるタイトル」
「も〜はじまるタイトル」
「や〜はじまるタイトル」
「ゆ〜はじまるタイトル」
「よ〜はじまるタイトル」
「ら〜はじまるタイトル」
「り〜はじまるタイトル」
「ろ〜はじまるタイトル」
「わ〜はじまるタイトル」