「百人一首の肉まん父さん百人一首」はYahooディレクトリに、登録されました
「肉まん父さんフラッシュ」
を新設
最近の記事クリックするとその記事に移動できます。
最近の記事

2017.9.10up 
「今も保有中」

2017.9.9up 
「今も保有中」

2017.9.8up 
「今も保有中」

2017.9.7up 
「今も保有中」

2017.9.6up 
「今も保有中」

2017.9.5up 
「今も保有中」

2017.9.4up 
「今も保有中」

2017.9.3up 
「今も保有中」

2017.9.2up 
「今も保有中」

2017.9.1up 
「今も保有中」

2017.8.31up 
「今も保有中」

2017.8.30up 
「今も保有中」

2017.8.29up 
「今も保有中」

2017.8.28up 
「今も保有中」

2017.8.27up 
「今も保有中」

2017.8.26up 
「今も保有中」

2017.8.25up 
「今も保有中」

2017.8.24up 
「今も保有中」

2017.8.23up 
「今も保有中」

2017.8.22up 
「今も保有中」

2017.8.21up 
「今も保有中」

2017.8.20up 
「今も保有中」

2017.8.19up 
「今も保有中」

2017.8.18up 
「今も保有中」

2017.8.17up 
「今も保有中」

2017.8.16up 
「今も保有中」

2017.8.15up 
「今も保有中」

2017.8.14up 
「今も保有中」

2017.8.13up 
「今も保有中」

2017.8.12up 
「今も保有中」

2017.8.11up 
「今も保有中」

2017.8.10up 
「今も保有中」

2017.8.9up 
「今も保有中」

2017.8.8up 
「今も保有中」

2017.8.7up 
「今も保有中」

2017.8.6up 
「今も保有中」

2017.8.5up 
「今も保有中」

2017.8.4up 
「今も保有中」

2017.8.3up 
「今も保有中」

2017.8.2up 
「今も保有中」

2017.8.1up 
「今も保有中」

2017.7.31up 
「今も保有中」

2017.7.30up 
「今も保有中」

2017.7.29up 
「今も保有中」

2017.7.28up 
「今も保有中」

2017.7.27up 
「今も保有中」

2017.7.26up 
「今も保有中」

2017.7.25up 
「今も保有中」

2017.7.24up 
「今も保有中」

2017.7.23up 
「今も保有中」

2017.7.22up 
「今も保有中」

2017.7.21up 
「今も保有中」

2017.7.20up 
「今も保有中」

2017.7.19up 
「今も保有中」

2017.7.18up 
「今も保有中」

2017.7.17up 
「今も保有中」

2017.7.16up 
「今も保有中」

2017.7.15up 
「今も保有中」

2017.7.14up 
「今も保有中」

2017.7.13up 
「今も保有中」

2017.7.12up 
「今も保有中」

2017.7.11up 
「今も保有中」

2017.7.10up 
「今も保有中」

2017.7.9up 
「今も保有中」

2017.7.8up 
「今も保有中」

2017.7.7up 
「今も保有中」

2017.7.6up 
「今も保有中」

2017.7.5up 
「今も保有中」

2017.7.4up 
「今も保有中」

2017.7.3up 
「今も保有中」

2017.7.2up 
「今も保有中」

2017.7.1up 
「今も保有中」

2017.6.30up 
「今も保有中」

2017.6.29up 
「今も保有中」

2017.6.28up 
「今も保有中」

2017.6.27up 
「今も保有中」

2017.6.26up 
「今も保有中」

2017.6.25up 
「今も保有中」

2017.6.24up 
「今も保有中」

2017.6.23up 
「今も保有中」

2017.6.22up 
「今も保有中」

2017.6.21up 
「今も保有中」

2017.6.20up 
「今も保有中」

2017.6.19up 
「今も保有中」

2017.6.18up 
「今も保有中」

2017.6.17up 
「今も保有中」

2017.6.16up 
「今も保有中」

2017.6.15up 
「今も保有中」

2017.6.14up 
「今も保有中」

2017.6.13up 
「今も保有中」

2017.6.12up 
「今も保有中」

2017.6.11up 
「今も保有中」

2017.6.10up 
「今も保有中」

2017.6.9up 
「今も保有中」

2017.6.8up 
「今も保有中」

2017.6.7up 
「今も保有中」

2017.6.6up 
「今も保有中」

2017.6.5up 
「今も保有中」

2017.6.4up 
「今も保有中」

2017.6.3up 
「今も保有中」

2017.6.2up 
「今も保有中」

2017.6.1up 
「今も保有中」

2017.5.31up 
「今も保有中」

2017.5.30up 
「今も保有中」

2017.5.29up 
「今も保有中」


「今も保有中」
2017.5.27up 
「今も保有中」

2017.5.26up 
「今も保有中」

2017.5.25up 
「今も保有中」

2017.5.24up 
「今も保有中」

2017.5.23up 
「今も保有中」

2017.5.22up 
「今も保有中」

2017.5.21up 
「今も保有中」

2017.5.20up 
「今も保有中」

2017.5.19up 
「今も保有中」

2017.5.18up 
「今も保有中」

2017.5.17up 
「今も保有中」

2017.5.16up 
「今も保有中」

2017.5.15up 
「今も保有中」

2017.5.14up 
「今も保有中」

2017.5.13up 
「今も保有中」

2017.5.12up 
「今も保有中」

2017.5.11up 
「今も保有中」

2017.5.10up 
「今も保有中」

2017.5.9up 
「今も保有中」

2017.5.8up 
「今も保有中」

2017.5.7up 
「今も保有中」

2017.5.6up 
「今も保有中」

2017.5.5up 
「今も保有中」

2017.5.4up 
「今も保有中」

2017.5.3up 
「今も保有中」

2017.5.2up 
「今も保有中」

2017.5.1up 
「今も保有中」

2017.4.30up 
「今も保有中」

2017.4.29up 
「今も保有中」

2017.4.28up 
「今も保有中」

2017.4.27up 
「今も保有中」

2017.4.26up 
「今も保有中」

2017.4.25up 
「今も保有中」

2017.4.24up 
「今も保有中」

2017.4.23up 
「今も保有中」

2017.4.22up 
「今も保有中」

2017.4.21up 
「今も保有中」

2017.4.20up 
「今も保有中」

2017.4.19up 
「今も保有中」

2017.4.18up 
「今も保有中」

2017.4.17up 
「今も保有中」

2017.4.16up 
「今も保有中」

2017.4.15up 
「今も保有中」

2017.4.14up 
「今も保有中」

2017.4.13up 
「今も保有中」

2017.4.12up 
「今も保有中」

2017.4.11up 
「今も保有中」

2017.4.10up 
「今も保有中」

2017.4.9up 
「今も保有中」

2017.4.8up 
「今も保有中」

2017.4.7up 
「今も保有中」

2017.4.6up 
「今も保有中」

2017.4.5up 
「今も保有中」

2017.4.4up 
「今も保有中」

2017.4.3up 
「今も保有中」

2017.4.2up 
「今も保有中」

2017.4.1up 
「今も保有中」

2017.3.31up 
「今も保有中」

2017.3.30up 
「今も保有中」

2017.3.29up 
「今も保有中」

2017.3.28up 
「今も保有中」

2017.3.27up 
「今も保有中」

2017.3.26up 
「今も保有中」

2017.3.25up 
「今も保有中」

2017.3.24up 
「今も保有中」

2017.3.23up 
「今も保有中」

2017.3.22up 
「今も保有中」

2017.3.21up 
「今も保有中」

2017.3.20up 
「今も保有中」

2017.3.19up 
「今も保有中」

2017.3.18up 
「今も保有中」

2017.3.17up 
「今も保有中」

2017.3.16up 
「今も保有中」

2017.3.15up 
「今も保有中」

2017.3.14up 
「今も保有中」

2017.3.13up 
「今も保有中」

2017.3.12up 
「今も保有中」

2017.3.11up 
「今も保有中」

2017.3.10up 
「今も保有中」

2017.3.9up 
「今も保有中」

2017.3.8up 
「今も保有中」

2017.3.7up 
「今も保有中」

2017.3.6up 
「今も保有中」

2017.3.5up 
「今も保有中」

2017.3.4up 
「今も保有中」

2017.3.3up 
「今も保有中」

2017.3.2up 
「今も保有中」

2017.3.1up 
「今も保有中」

2017.2.28up 
「今も保有中」

2017.2.27up 
「今も保有中」

2017.2.26up 
「今も保有中」

2017.2.25up 
「今も保有中」

2017.2.24up 
「今も保有中」

2017.2.23up 
「今も保有中」

2017.2.22up 
「今も保有中」

2017.2.21up 
「今も保有中」

2017.2.20up 
「今も保有中」

2017.2.19up 
「今も保有中」

2017.2.18up 
「今も保有中」

2017.2.17up 
「今も保有中」

2017.2.16up 
「今も保有中」

2017.2.15up 
「今も保有中」

2017.2.14up 
「今も保有中」

2017.2.13up 
「今も保有中」

2017.2.12up 
「今も保有中」

2017.2.11up 
「今も保有中」

2017.2.10up 
「今も保有中」

2017.2.9up 
「今も保有中」

2017.2.8up 
「今も保有中」

2017.2.7up 
「今も保有中」

2017.2.6up 
「今も保有中」

2017.2.5up 
「今も保有中」

2017.2.4up 
「今も保有中」

2017.2.3up 
「今も保有中」

2017.2.2up 
「今も保有中」

2017.2.1up 
「今も保有中」

2017.1.31up 
「今も保有中」

2017.1.30up 
「今も保有中」

2017.1.29up 
「今も保有中」

2017.1.28up 
「今も保有中」

2017.1.27up 
「今も保有中」

2017.1.26up 
「今も保有中」

2017.1.25up 
「今も保有中」

2017.1.24up 
「今も保有中」

2017.1.23up 
「今も保有中」

2017.1.22up 
「今も保有中」

2017.1.21up 
「今も保有中」

2017.1.20up 
「今も保有中」

2017.1.19up 
「今も保有中」

2017.1.18up 
「今も保有中」

2017.1.17up 
「今も保有中」

2017.1.16up 
「今も保有中」

2017.1.15up 
「今も保有中」

2017.1.14up 
「今も保有中」

2017.1.13up 
「今も保有中」

2017.1.12up 
「今も保有中」

2017.1.11up 
「今も保有中」

2017.1.10up 
「今も保有中」

2017.1.9up 
「今も保有中」

2017.1.8up 
「今も保有中」

2017.1.7up 
「今も保有中」

2017.1.6up 
「今も保有中」

2017.1.5up 
「今も保有中」

2017.1.4up 
「今も保有中」

2017.1.3up 
「今も保有中」

2017.1.2up 
「今も保有中」

2017.1.1up 
「今も保有中」

2016年12月以前の記事は右下の「過去ログ」から、お探し下さい。

2011年10月31日

絵に描いた餅


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

絵に描いた餅


絵に描いた餅(えにかいたもち)


「絵に描いた餅は、食べることはできないことから、計画などがどんなにすばらしくても、実現しなければ役に立たないというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「このプランには現実性がない。絵に描いた餅だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「絵に描いた餅」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

牛に引かれて善光寺参り


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

牛に引かれて善光寺参り


牛に引かれて善光寺参り(うしにひかれてぜんこうじまいり)


「《信心のない老婆が、さらしていた布を角にかけて走っていく牛を追いかけ、ついに善光寺に至り、のち厚く信仰したという話から》思ってもいなかったことや他人の誘いによって、よいほうに導かれることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「たまたま誘われてタイトルマッチを見てからというもの、キックボクシングに夢中なんだ。牛に引かれて善光寺参りだよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「牛に引かれて善光寺参り」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

行き掛けの駄賃


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

行き掛けの駄賃


行き掛けの駄賃(いきがけのだちん)


「馬子(まご)が問屋に荷物を取りに行く途中に、他の荷物を運んで得る駄賃。転じて、事のついでに他の事をすること。いきがけの駄賃。」という意味で使われることが多いようです。


「行き掛けの駄賃に、あいつの大事にしているドンペリを一本失敬してきたよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「行き掛けの駄賃」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

開けて悔しい玉手箱


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

開けて悔しい玉手箱


開けて悔しい玉手箱(あけてくやしいたまてばこ)


「《浦島太郎の伝説から》期待外れの結果を見て、がっかりすることのたとえ。開けて悔しき浦島の子。」という意味で使われることが多いようです。


「開けて悔しい玉手箱、1万円札かと思ったら千円札だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「開けて悔しい玉手箱」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

和して同ぜず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

和して同ぜす


和して同ぜず(わしてどうぜす)


「人と協調はするが、道理に外れたようなことや、主体性を失うようなことはしないということ。」と称するのは、この言に基づく。」という意味で使われることが多いようです。


「大事な友達であればあるほど、自分の意見ははっきり言いなさい。喧嘩や口論をしろと言っているのではなく、仲が良くても間違いは間違いと、はっきり言えることが大事だ。友達とは、和して同ぜずの関係でいられるように。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「和して同ぜず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

六十にして耳順う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

六十にして耳順う


六十にして耳順う(ろくじゅうにしてみみしたがう)


「六十歳になるとさまざまな言を聞いても反発を感じないだけの心の余裕が生まれるということ。『論語・為政』の仲で孔子がその生涯を振り返って言ったことば(六十而耳順)。六十歳を「耳順(じじゅん)」と称するのは、この言に基づく。」という意味で使われることが多いようです。


「六十になっても雑音に惑わされっぱなしだ。六十にして耳順うとはいかないな。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「六十にして耳順う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

燎原の火


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

燎原の火


燎原の火(りょうげんのひ)


「燃え広がって野原を焼くことから、物事の勢いが強くて防ぎようが無いことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「革命の火の手は燎原の火のごとくロシア全土に広がった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「燎原の火」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:燎原の火
posted by 肉まん父さん at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

埒もない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

埒もない


埒もない(らちもない)


「1 とりとめがない。たわいもない。」
2 きまりがつかない。順序だっていない。めちゃくちゃである。」という意味で使われることが多いようです。


「埒もない話。」「埒もなく笑いころげる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「埒もない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:埒もない
posted by 肉まん父さん at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

寄らば大樹の陰


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

寄らば大樹の陰


寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ)


「たよりにするなら、力のあるしっかりした人物がよいということ。」という意味で使われることが多いようです。


「寄らば大樹の陰の若者ばかりでは、将来が思いやられる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「寄らば大樹の陰」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

夢は逆夢


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

夢は逆夢


夢は逆夢(ゆめはさかゆめ)


「夢に見た事と現実とは反対のことが多いので、悪い夢を見たからと言って気にする事はない。悪夢を見たときに、気休めに言うことば。」という意味で使われることが多いようです。


「お前があんまり心配するから、そんな夢を見たのだろうとか、夢は逆夢だとか云って、またいい加減になだめているの。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「夢は逆夢」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:夢は逆夢
posted by 肉まん父さん at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

矢でも鉄砲でも持って来い


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

矢でも鉄砲でも持って来い


矢でも鉄砲でも持って来い(やでもてっぽうでももってこい)


「どんな手段を使ってもかまわないからかかってこい。腹を据えた場合や半分やけになった場合などに発する言葉。」という意味で使われることが多いようです。


「何一つ悪いことはしていないのだから、びくびくすることはない。矢でも鉄砲でも持って来いだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「矢でも鉄砲でも持って来い」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

両刃の剣


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

両刃の剣


両刃の剣(もろはのつるぎ)


「一方では非常に役立つが、他方では大きな損害をもたらす危険もあるというたとえ。また、相手に打撃を与えるが、自分もそれと同等の打撃を受けるおそれがあるというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「強い薬での治療は効果も得られるが、副作用が強いこともあり、両刃の剣となるだろう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「両刃の剣」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:両刃の剣
posted by 肉まん父さん at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

目から鱗が落ちる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

目から鱗が落ちる


目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)


「何かがきっかけとなり、今までよく分からなかった物事が急にはっきりわかるようになること。」という意味で使われることが多いようです。


「先輩に忠告されて目から鱗が落ちたような気持ちだった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「目から鱗が落ちる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

矛盾


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

矛盾


矛盾(むじゅん)


「《昔、中国の楚の国で、矛(ほこ)と盾(たて)とを売っていた者が、「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという「韓非子」難一の故事から》二つの物事がくいちがっていて、つじつまが合わないこと。」という意味で使われることが多いようです。


「二人の話が矛盾する。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「矛盾」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:矛盾
posted by 肉まん父さん at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

水の低きに就くが如し


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

水の低きに就くが如し


水の低きに就くが如し(みずのひくきにつくがごとし)


「物事は自然のなりゆきに従うということ。また、自然の勢いは人の力では止め難いということ。『孟子・告子上』に「人の性善なるは、猶(なお)水の下(ひく)きに就くがごとし」とあるように、本来は、性善説が自然に道理に従った真実であることを説得的に主張するための比喩(ひゆ)であった。」という意味で使われることが多いようです。


「水の低きに就くが如く、あるがままに生きる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「水の低きに就くが如し」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

股に掛ける


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

股に掛ける


股に掛ける(またにかける)


「諸方を歩き回る。各地を飛び歩く。」という意味で使われることが多いようです。


「世界を股に掛けて活躍する。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「股に掛ける」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:股に掛ける
posted by 肉まん父さん at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

骨折り損の草臥れ儲け


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

骨折り損の草臥れ儲け


骨折り損の草臥れ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)


「疲れるだけで、何もいいことがないこと。」という意味で使われることが多いようです。


「ようやく書き上げたレポートが、締め切りに間に合わなくて骨折り損のくたびれ儲けだった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「骨折り損の草臥れ儲け」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

屁をひって尻窄め


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

屁をひって尻窄め


屁をひって尻窄め(へをひってしりすぼめ)


「過ちをしでかして、あわててごまかそうとすることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「新聞に謝罪文を掲載しても屁をひって尻窄めのそしりはまぬがれない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「屁をひって尻窄め」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

笛吹けども踊らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

笛吹けども踊らず


笛吹けども踊らず(ふえふけどもおどらす)


「どんなに誘っても、じょうずをしても、全然これに応じないこと。」という意味で使われることが多いようです。


「笛吹けども踊らずで、いくら誇大広告の自粛を呼びかけても効き目がない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「笛吹けども踊らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

必要は発明の母


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

必要は発明の母


必要は発明の母(ひつようははつめいのはは)


「必要に迫れらると、発明や工夫が生みだされるということ。」という意味で使われることが多いようです。


「人間の欲求がアイデアを生む。必要は発明の母だよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「必要は発明の母」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

拍車を掛ける


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

拍車を掛ける


拍車を掛ける(はくしゃをかける)


「《馬の腹に拍車を当てて速く走らせる意から》物事の進行を一段とはやめる。拍車を加える。」という意味で使われることが多いようです。


「政治の混乱が不況に拍車を掛ける。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「拍車を掛ける」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

喉から手が出る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

喉から手が出る


喉から手が出る(のどからてがでる)


「欲しくてたまらないことをたとえていう。」という意味で使われることが多いようです。


「喉から手が出るほど欲しい珍本。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「喉から手が出る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

猫の首に鈴を付ける


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

猫の首に鈴を付ける


猫の首に鈴を付ける(ねこのくびにすずをつける)


「《猫に仲間を捕られる鼠(ねずみ)たちが集まって相談し、猫の首に鈴をつけることにしたが、実行する鼠はいなかったという西洋の寓話から》いざ実行となると、引き受け手のない至難なことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「会長に引退してもらいたいのだが、誰が猫の首に鈴を付けるかが問題だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「猫の鈴に首を付ける」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

盗人を捕らえてみれば我が子なり


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

盗人を捕らえてみれば我が子なり


盗人を捕らえてみれば我が子なり(ぬすびとをとらえてみればわがこなり)


「事が意外で、どうしてよいかその処置に迷うことのたとえ。また、親しい間柄でも気を許せないたとえにいう。」という意味で使われることが多いようです。


「盗人を捕らえてみれば我が子なりということもある。いくら親しいからといっても、そこまで気を許すのは問題だよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「盗人を捕らえてみれば我が子なり」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

二の句が継げない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

二の句が継げない


二の句が継げない(にのくがつげない)


「次に言う言葉が出てこない。あきれたり驚いたりして、次に言うべき言葉を失う。」という意味で使われることが多いようです。


「あっけにとられて二の句が継げない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「二の句が継げない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

怠け者の節句働き


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

怠け者の節句働き


怠け者の節句働き(なまけもののせっくばたらき)


「ふだん怠けている者に限って、皆が休む日に忙しそうに働いたりするものだということ。一人だけ休日に張り切って働く人をあざけって言う。節句は物忌みの日。その日に働くことは、禁を破ることであった。」という意味で使われることが多いようです。


「たまたま休日出勤したら、怠け者の節句働きと言われてしまったよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「怠け者の節句働き」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

問うに落ちず語るに落ちる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

問うに落ちず語るに落ちる


問うに落ちず語るに落ちる(とうにおちずかたるにおちる)


「人に聞かれたときは用心をして秘密をもらさないが、自分から語るときは不用意に口をすべらしてしゃべってしまう。」という意味で使われることが多いようです。


「興味のないふりをしたら、自分から本音を吐いた。問うに落ちず語るに落ちるだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「問うに落ちず語るに落ちる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

天上天下唯我独尊


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

天上天下唯我独尊


天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)


「我は世界のうちで最もすぐれた者であるの意。釈迦が誕生するとすぐに、四方に七歩歩み、右手で天を指し、左手で地を指して唱えたといわれる詩句。誕生偈(げ)。」という意味で使われることが多いようです。


「天上天下唯我独尊という様な大踏歩して庭を歩いて帰る。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「天上天下唯我独尊」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

爪の垢を煎じて飲む


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

爪の垢を煎じて飲む


爪の垢を煎じて飲む(つめのあかをせんじてのむ)


「すぐれている人のことを少しでも見習おうとすること。」という意味で使われることが多いようです。


「師匠の爪の垢を煎じて飲めば、少しは上達も早いだろう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「爪の垢を煎じて飲む」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

智に働けば角が立つ


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

智に働けば角が立つ


智に働けば角が立つ(ちにはたらけばかどがたつ)


「理知だけで割り切っていると他人と衝突するし、他人の感情を気遣っていると、自分の足元をすくわれる。夏目漱石の小説「草枕」の冒頭の部分。」という意味で使われることが多いようです。


「智に働けば角が立つというように、理性だけで割り切ろうとすると人と衝突するよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「智に働けば角が立つ」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

大欲は無欲に似たり


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

大欲は無欲に似たり


大欲は無欲に似たり(たいよくはむよくににたり)


「大望を抱く者は、小さな利益など問題にしないから、無欲に見えるということ。また、欲の深い者は、欲のために目がくらんで失敗しがちで、結局は無欲の人と同じ結果になる。」という意味で使われることが多いようです。


「大欲は無欲に似たりというが、野心が大きければ大きいほど端からはうかがえないものだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「大欲は無欲に似たり」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あいうえお順メニュー お好きなタイトルをご覧下さい。
「あ〜はじまるタイトル」
「ア〜はじまるタイトル」
「い〜はじまるタイトル」
「イ〜はじまるタイトル」
「う(ウ)〜はじまるタイトル」
「え〜はじまるタイトル」
「お〜はじまるタイトル」
「か〜はじまるタイトル」
「カ〜はじまるタイトル」
「き〜はじまるタイトル」
「キ〜はじまるタイトル」
「く〜はじまるタイトル」
「ク〜はじまるタイトル」
「け〜はじまるタイトル」
「こ〜はじまるタイトル」
「コ〜はじまるタイトル」
「さ〜はじまるタイトル」
「サ〜はじまるタイトル」
「し〜はじまるタイトル」
「す〜はじまるタイトル」
「ス〜はじまるタイトル」
「せ(セ)〜はじまるタイトル」
「そ〜はじまるタイトル」
「た〜はじまるタイトル」
「タ〜はじまるタイトル」
「ち〜はじまるタイトル」
「つ〜はじまるタイトル」
「て〜はじまるタイトル」
「テ〜はじまるタイトル」
「と〜はじまるタイトル」
「ト〜はじまるタイトル」
「な〜はじまるタイトル」
「ナ〜はじまるタイトル」
「に〜はじまるタイトル」
「ニ〜はじまるタイトル」
「ね〜はじまるタイトル」
「ネ〜はじまるタイトル」
「の〜はじまるタイトル」
「は〜はじまるタイトル」
「ハ〜はじまるタイトル」
「ひ〜はじまるタイトル」
「ふ〜はじまるタイトル」
「フ〜はじまるタイトル」
「ほ〜はじまるタイトル」
「ホ〜はじまるタイトル」
「ま〜はじまるタイトル」
「マ〜はじまるタイトル」
「み〜はじまるタイトル」
「む〜はじまるタイトル」
「め〜はじまるタイトル」
「メ〜はじまるタイトル」
「も〜はじまるタイトル」
「や〜はじまるタイトル」
「ゆ〜はじまるタイトル」
「よ〜はじまるタイトル」
「ら〜はじまるタイトル」
「り〜はじまるタイトル」
「ろ〜はじまるタイトル」
「わ〜はじまるタイトル」