「百人一首の肉まん父さん百人一首」はYahooディレクトリに、登録されました
「肉まん父さんフラッシュ」
を新設
最近の記事クリックするとその記事に移動できます。
最近の記事

2017.8.6up 
「今も保有中」

2017.8.5up 
「今も保有中」

2017.8.4up 
「今も保有中」

2017.8.3up 
「今も保有中」

2017.8.2up 
「今も保有中」

2017.8.1up 
「今も保有中」

2017.7.31up 
「今も保有中」

2017.7.30up 
「今も保有中」

2017.7.29up 
「今も保有中」

2017.7.28up 
「今も保有中」

2017.7.27up 
「今も保有中」

2017.7.26up 
「今も保有中」

2017.7.25up 
「今も保有中」

2017.7.24up 
「今も保有中」

2017.7.23up 
「今も保有中」

2017.7.22up 
「今も保有中」

2017.7.21up 
「今も保有中」

2017.7.20up 
「今も保有中」

2017.7.19up 
「今も保有中」

2017.7.18up 
「今も保有中」

2017.7.17up 
「今も保有中」

2017.7.16up 
「今も保有中」

2017.7.15up 
「今も保有中」

2017.7.14up 
「今も保有中」

2017.7.13up 
「今も保有中」

2017.7.12up 
「今も保有中」

2017.7.11up 
「今も保有中」

2017.7.10up 
「今も保有中」

2017.7.9up 
「今も保有中」

2017.7.8up 
「今も保有中」

2017.7.7up 
「今も保有中」

2017.7.6up 
「今も保有中」

2017.7.5up 
「今も保有中」

2017.7.4up 
「今も保有中」

2017.7.3up 
「今も保有中」

2017.7.2up 
「今も保有中」

2017.7.1up 
「今も保有中」

2017.6.30up 
「今も保有中」

2017.6.29up 
「今も保有中」

2017.6.28up 
「今も保有中」

2017.6.27up 
「今も保有中」

2017.6.26up 
「今も保有中」

2017.6.25up 
「今も保有中」

2017.6.24up 
「今も保有中」

2017.6.23up 
「今も保有中」

2017.6.22up 
「今も保有中」

2017.6.21up 
「今も保有中」

2017.6.20up 
「今も保有中」

2017.6.19up 
「今も保有中」

2017.6.18up 
「今も保有中」

2017.6.17up 
「今も保有中」

2017.6.16up 
「今も保有中」

2017.6.15up 
「今も保有中」

2017.6.14up 
「今も保有中」

2017.6.13up 
「今も保有中」

2017.6.12up 
「今も保有中」

2017.6.11up 
「今も保有中」

2017.6.10up 
「今も保有中」

2017.6.9up 
「今も保有中」

2017.6.8up 
「今も保有中」

2017.6.7up 
「今も保有中」

2017.6.6up 
「今も保有中」

2017.6.5up 
「今も保有中」

2017.6.4up 
「今も保有中」

2017.6.3up 
「今も保有中」

2017.6.2up 
「今も保有中」

2017.6.1up 
「今も保有中」

2017.5.31up 
「今も保有中」

2017.5.30up 
「今も保有中」

2017.5.29up 
「今も保有中」


「今も保有中」
2017.5.27up 
「今も保有中」

2017.5.26up 
「今も保有中」

2017.5.25up 
「今も保有中」

2017.5.24up 
「今も保有中」

2017.5.23up 
「今も保有中」

2017.5.22up 
「今も保有中」

2017.5.21up 
「今も保有中」

2017.5.20up 
「今も保有中」

2017.5.19up 
「今も保有中」

2017.5.18up 
「今も保有中」

2017.5.17up 
「今も保有中」

2017.5.16up 
「今も保有中」

2017.5.15up 
「今も保有中」

2017.5.14up 
「今も保有中」

2017.5.13up 
「今も保有中」

2017.5.12up 
「今も保有中」

2017.5.11up 
「今も保有中」

2017.5.10up 
「今も保有中」

2017.5.9up 
「今も保有中」

2017.5.8up 
「今も保有中」

2017.5.7up 
「今も保有中」

2017.5.6up 
「今も保有中」

2017.5.5up 
「今も保有中」

2017.5.4up 
「今も保有中」

2017.5.3up 
「今も保有中」

2017.5.2up 
「今も保有中」

2017.5.1up 
「今も保有中」

2017.4.30up 
「今も保有中」

2017.4.29up 
「今も保有中」

2017.4.28up 
「今も保有中」

2017.4.27up 
「今も保有中」

2017.4.26up 
「今も保有中」

2017.4.25up 
「今も保有中」

2017.4.24up 
「今も保有中」

2017.4.23up 
「今も保有中」

2017.4.22up 
「今も保有中」

2017.4.21up 
「今も保有中」

2017.4.20up 
「今も保有中」

2017.4.19up 
「今も保有中」

2017.4.18up 
「今も保有中」

2017.4.17up 
「今も保有中」

2017.4.16up 
「今も保有中」

2017.4.15up 
「今も保有中」

2017.4.14up 
「今も保有中」

2017.4.13up 
「今も保有中」

2017.4.12up 
「今も保有中」

2017.4.11up 
「今も保有中」

2017.4.10up 
「今も保有中」

2017.4.9up 
「今も保有中」

2017.4.8up 
「今も保有中」

2017.4.7up 
「今も保有中」

2017.4.6up 
「今も保有中」

2017.4.5up 
「今も保有中」

2017.4.4up 
「今も保有中」

2017.4.3up 
「今も保有中」

2017.4.2up 
「今も保有中」

2017.4.1up 
「今も保有中」

2017.3.31up 
「今も保有中」

2017.3.30up 
「今も保有中」

2017.3.29up 
「今も保有中」

2017.3.28up 
「今も保有中」

2017.3.27up 
「今も保有中」

2017.3.26up 
「今も保有中」

2017.3.25up 
「今も保有中」

2017.3.24up 
「今も保有中」

2017.3.23up 
「今も保有中」

2017.3.22up 
「今も保有中」

2017.3.21up 
「今も保有中」

2017.3.20up 
「今も保有中」

2017.3.19up 
「今も保有中」

2017.3.18up 
「今も保有中」

2017.3.17up 
「今も保有中」

2017.3.16up 
「今も保有中」

2017.3.15up 
「今も保有中」

2017.3.14up 
「今も保有中」

2017.3.13up 
「今も保有中」

2017.3.12up 
「今も保有中」

2017.3.11up 
「今も保有中」

2017.3.10up 
「今も保有中」

2017.3.9up 
「今も保有中」

2017.3.8up 
「今も保有中」

2017.3.7up 
「今も保有中」

2017.3.6up 
「今も保有中」

2017.3.5up 
「今も保有中」

2017.3.4up 
「今も保有中」

2017.3.3up 
「今も保有中」

2017.3.2up 
「今も保有中」

2017.3.1up 
「今も保有中」

2017.2.28up 
「今も保有中」

2017.2.27up 
「今も保有中」

2017.2.26up 
「今も保有中」

2017.2.25up 
「今も保有中」

2017.2.24up 
「今も保有中」

2017.2.23up 
「今も保有中」

2017.2.22up 
「今も保有中」

2017.2.21up 
「今も保有中」

2017.2.20up 
「今も保有中」

2017.2.19up 
「今も保有中」

2017.2.18up 
「今も保有中」

2017.2.17up 
「今も保有中」

2017.2.16up 
「今も保有中」

2017.2.15up 
「今も保有中」

2017.2.14up 
「今も保有中」

2017.2.13up 
「今も保有中」

2017.2.12up 
「今も保有中」

2017.2.11up 
「今も保有中」

2017.2.10up 
「今も保有中」

2017.2.9up 
「今も保有中」

2017.2.8up 
「今も保有中」

2017.2.7up 
「今も保有中」

2017.2.6up 
「今も保有中」

2017.2.5up 
「今も保有中」

2017.2.4up 
「今も保有中」

2017.2.3up 
「今も保有中」

2017.2.2up 
「今も保有中」

2017.2.1up 
「今も保有中」

2017.1.31up 
「今も保有中」

2017.1.30up 
「今も保有中」

2017.1.29up 
「今も保有中」

2017.1.28up 
「今も保有中」

2017.1.27up 
「今も保有中」

2017.1.26up 
「今も保有中」

2017.1.25up 
「今も保有中」

2017.1.24up 
「今も保有中」

2017.1.23up 
「今も保有中」

2017.1.22up 
「今も保有中」

2017.1.21up 
「今も保有中」

2017.1.20up 
「今も保有中」

2017.1.19up 
「今も保有中」

2017.1.18up 
「今も保有中」

2017.1.17up 
「今も保有中」

2017.1.16up 
「今も保有中」

2017.1.15up 
「今も保有中」

2017.1.14up 
「今も保有中」

2017.1.13up 
「今も保有中」

2017.1.12up 
「今も保有中」

2017.1.11up 
「今も保有中」

2017.1.10up 
「今も保有中」

2017.1.9up 
「今も保有中」

2017.1.8up 
「今も保有中」

2017.1.7up 
「今も保有中」

2017.1.6up 
「今も保有中」

2017.1.5up 
「今も保有中」

2017.1.4up 
「今も保有中」

2017.1.3up 
「今も保有中」

2017.1.2up 
「今も保有中」

2017.1.1up 
「今も保有中」

2016年12月以前の記事は右下の「過去ログ」から、お探し下さい。

2011年08月31日

箔が付く


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

箔が付く


箔が付く(はくがつく)


「値打ちが高くなる。貫禄がつく。」という意味で使われることが多いようです。


「経歴に箔が付く。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「箔が付く」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:箔が付く
posted by 肉まん父さん at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

喉が鳴る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

喉が鳴る


喉が鳴る(喉が鳴る)


「ごちそうを目の前にして、ひどく食べたくなる。」という意味で使われることが多いようです。


「うまそうな匂いに喉が鳴る。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「喉が鳴る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:喉が鳴る
posted by 肉まん父さん at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

猫に木天蓼


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

猫に木天蓼


猫に木天蓼(ねこにまたたび)


「大好物のたとえ。また、非常に効き目があることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「彼女はケーキとなると猫に木天蓼だね。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「猫に木天蓼」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:猫に木天蓼
posted by 肉まん父さん at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

盗人の昼寝


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

盗人の昼寝


盗人の昼寝(ぬすびとのひるね)


「どんな人でも、何をするにしてもそれなりの理由があるということ。」という意味で使われることが多いようです。


「盗人の昼寝というが、あの暴力団が鳴りをひそめているのには何か訳がありそうだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「盗人の昼寝」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

二度あることは三度ある


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

二度あることは三度ある


二度あることは三度ある(にどあることはさんどある)


「二度起こったことは、続けてもう一度起きる。物事は繰り返されるものである。」という意味で使われることが多いようです。


「これで二度失敗した。二度あることは三度あるというから気をつけよう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「二度あることは三度ある」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

生木を裂く


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

生木を裂く


生木を裂く(なまきをさく)


「相愛の男女をむりやり別れさせることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「親兄弟までが乗り出して生木を裂くように2人を別れさせた。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「生木を裂く」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:生木を裂く
posted by 肉まん父さん at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

灯台下暗し


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

灯台下暗し


灯台下暗し(とうだいもとくらし)


「灯台のすぐ下は暗いところから、身近な事情はかえってわかりにくいたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「真犯人が身内にいたとは、まさに灯台下暗しだった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「灯台下暗し」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:灯台下暗し
posted by 肉まん父さん at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

手も足も出ない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

手も足も出ない


手も足も出ない(てもあしもでない)


「施す手段がまったくない。力が及ばずどうしようもない。」という意味で使われることが多いようです。


「相手が強すぎて手も足も出ない。」「難問に手も足も出ない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「手も足も出ない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

土一升に金一升


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

土一升に金一升


土一升に金一升(つちいっしょうにかねいっしょう)


「土地値が大変高いことのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「駅前の地価は土一升に金一升だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「土一升に金一升」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

血と汗の結晶


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

血と汗の結晶


血と汗の結晶(ちとあせのけっしょう)


「大変な苦労をして、ようやく得ることのできた成果。」という意味で使われることが多いようです。


「1万人の人の血と汗の結晶として出来た海底トンネルである。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「血と汗の結晶」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

大事の前の小事


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

大事の前の小事


大事の前の小事(だいじのまえのしょうじ)


「大事を行うときには、小事にも慎重に対処し、油断してはならない。また、大事を行うときは、小事にはかまわない方がよい。」という意味で使われることが多いようです。


「大事の前の小事で、そんな抗議にはかかわっていられない。」「大事の前の小事で、その問題は軽視できない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「大事の前の小事」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

そうは問屋が卸さない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

そうは問屋が卸さない


そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)


「そんな安値では問屋が卸売りしない。そんなにぐあいよくいくものではないというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「抜け駆けしようとしてもそうは問屋が卸さない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「そうは問屋が卸さない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 04:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

急いては事を仕損じる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

急いては事を仕損じる


急いては事を仕損じる(せいてはことをしそんじる)


「あせって物事をやると失敗する。急ぐ時も落ち着いて冷静にやろう。」という意味で使われることが多いようです。


「急いては事を仕損じる、ここでひと休みしよう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「急いては事を仕損じる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

好きこそ物の上手なれ


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

好きこそ物の上手なれ


好きこそ物の上手なれ(すきこそもののじょうずなれ)


「好きなことには自然とそれに熱中するから、上達が早いということ。」という意味で使われることが多いようです。


「好きこそものの上手なれで、いやいやながらではなかなか上達しないよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「好きこそ物の上手なれ」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

自家撞着


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

自家撞着


自家撞着(じかどうちゃく)


「同じ人の言動や文章などが前後で矛盾していること。自分で自分の言行に反することをすること。▽「自家」は自分、自分自身のこと。「撞着」は突き当たること。矛盾すること。「撞着」は「とうちゃく」「どうじゃく」とも読む。「着」は「著」とも書く。」という意味で使われることが多いようです。


「理論が自家撞着に陥る。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「自家撞着」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:自家撞着
posted by 肉まん父さん at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

才子多病


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

才子多病


才子多病(さいしたびょう)


「才能のある人物は、とかく体が弱く、病弱なものであるということ。」という意味で使われることが多いようです。


「才子多病とでもいうように、彼はしょっちゅうどこかを悪くしているね。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「才子多病」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:才子多病
posted by 肉まん父さん at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

剛毅木訥仁に近し


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

剛毅木訥仁に近し


剛毅木訥仁に近し(ごうきぼくとつじんにちかし)


「意志が強く、多少のことにはへこたれず、不器用で飾り気がないのは、人間としての道を心得た仁に近い。」という意味で使われることが多いようです。


「剛毅木訥仁に近し、ああいう男なら安心して付き合えるよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「剛毅木訥仁に近し」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

怪我の功名


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

怪我の功名


怪我の功名(けがのこうみょう)


「過失と思われたこと、なにげなしにやった事が、意外によい結果になること。」という意味で使われることが多いようです。


「彼が成功したのは怪我の功名だった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「怪我の功名」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:怪我の功名
posted by 肉まん父さん at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

臭い物に蓋


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

臭い物に蓋


臭い物に蓋(くさいものにふた)


「失敗や悪事、人に知られたくない事柄を一時しのぎの手段で隠そうとすることのたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「臭い物に蓋の処置では、根本的な解決にはならない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「臭い物に蓋」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:臭い物に蓋
posted by 肉まん父さん at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

気が気でない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

気が気でない


気が気でない(きがきでない)


「心配で落ち着かない。」という意味で使われることが多いようです。


「失敗しなければいいがと気が気でない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「気が気でない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

鎧袖一触


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

鎧袖一触


鎧袖一触(がいしゅういっしょく)


「相手をたやすく打ち負かしてしまうたとえ。弱い敵人にたやすく一撃を加えるたとえ。鎧よろいの袖そでがわずかに触れただけで、敵が即座に倒れる意から。▽「鎧袖」は鎧の袖。「一触」はほんの少し触れること。」という意味で使われることが多いようです。


「あの横綱にかかっては大関も鎧袖一触の感がある。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「鎧袖一触」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:鎧袖一触
posted by 肉まん父さん at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

大男総身に知恵が回り兼ね


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

大男総身に知恵が回り兼ね


大男総身に知恵が回り兼ね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)


「体ばかり大きくて、役に立たない男をあざけっていうことば。「小男の総身の知恵も知れたもの」と続ける川柳から。」という意味で使われることが多いようです。


「確かに彼は役に立たないが、大男総身に知恵が回り兼ねとは言いすぎだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「大男総身に知恵が回り兼ね」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

得手に帆を揚げる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

得手に帆を揚げる


得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)


「自分の得意な分野で力を発揮する絶好の機会を得て、ここぞとばかりにはりきること。」という意味で使われることが多いようです。


「司法試験に通ると、彼は得手に帆を揚げて弁護士の道を歩き始めた。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「得手に帆を揚げる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

烏合の衆


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

烏合の衆


烏合の衆(うごうのしゅう)


「規律も統制もなく、ただ寄り集まっているだけの集団。秩序のない人々の集まりや軍勢にいう。からすの集まりが無秩序でばらばらであることから。」という意味で使われることが多いようです。


「烏合の衆と化する。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「烏合の衆」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:烏合の衆
posted by 肉まん父さん at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

怒り心頭に発する


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

怒り心頭に発する


怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)


「激しく怒る。」という意味で使われることが多いようです。


「無礼な振る舞いに怒り心頭に発する。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「怒り心頭に発する」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

秋の日は釣瓶落とし


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

秋の日は釣瓶落とし


秋の日は釣瓶落とし(あきのひはつるべおとし)


「秋の日没は速くすぐに暮れるというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「暮れかかる夕空を見上げ、まさに秋の日は釣瓶落としとつぶやく。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「秋の日は釣瓶落とし」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

山葵が利く


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

山葵が利く


山葵が利く(わさびがきく)


「1 ワサビの味と香りとが非常に強く、舌や鼻を刺激する。
2 ワサビのようにぴりっとした鋭いものを含み持っている。」という意味で使われることが多いようです。


「山葵が利いた風刺。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「山葵が利く」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:山葵が利く
posted by 肉まん父さん at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

ローマは1日にして成らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

ローマは1日にして成らず


ローマは1日にして成らず(ろーまはいちにちにしてならず)


「大事業を成し遂げるには、長い間の努力の積み重ねが必要だということ。」という意味で使われることが多いようです。


「ローマは1日にして成らず、こつこつと地道な努力を続けていくしかない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「ローマは1日にして成らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

竜頭蛇尾


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

竜頭蛇尾


竜頭蛇尾(りゅうとうだび)


「初めは勢いがよいが、終わりは振るわないこと。」という意味で使われることが多いようです。


「鳴り物入りのスポーツ大会も竜頭蛇尾に終わった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「竜頭蛇尾」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:竜頭蛇尾
posted by 肉まん父さん at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

洛陽の紙価を高める


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

洛陽の紙価を高める


洛陽の紙価を高める(らくようのしかをたかめる)


「著書が好評を博して、飛ぶように売れること。晋(しん)の左思(さし)が「三都の賦」を作ったとき、張華はこれを大いに称賛した。人々は争ってその詩を書写したので洛陽(らくよう)の紙の値段は高騰したという、『晋書・文苑・左思伝』の故事に基づく。」という意味で使われることが多いようです。


「彼の新著は洛陽の紙価を高めるだろう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「洛陽の紙価を高める」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

夜目遠目笠の内


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

夜目遠目笠の内


夜目遠目笠の内(よめとおめかさのうち)


「女性は、夜見たとき、遠くから見たとき、笠をかぶっているところを見たとき、実際よりも美しく見えるということ。」という意味で使われることが多いようです。


「夜目遠目笠の内で、阿波踊りを踊る女性はみな美しく見える。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「夜目遠目笠の内」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あいうえお順メニュー お好きなタイトルをご覧下さい。
「あ〜はじまるタイトル」
「ア〜はじまるタイトル」
「い〜はじまるタイトル」
「イ〜はじまるタイトル」
「う(ウ)〜はじまるタイトル」
「え〜はじまるタイトル」
「お〜はじまるタイトル」
「か〜はじまるタイトル」
「カ〜はじまるタイトル」
「き〜はじまるタイトル」
「キ〜はじまるタイトル」
「く〜はじまるタイトル」
「ク〜はじまるタイトル」
「け〜はじまるタイトル」
「こ〜はじまるタイトル」
「コ〜はじまるタイトル」
「さ〜はじまるタイトル」
「サ〜はじまるタイトル」
「し〜はじまるタイトル」
「す〜はじまるタイトル」
「ス〜はじまるタイトル」
「せ(セ)〜はじまるタイトル」
「そ〜はじまるタイトル」
「た〜はじまるタイトル」
「タ〜はじまるタイトル」
「ち〜はじまるタイトル」
「つ〜はじまるタイトル」
「て〜はじまるタイトル」
「テ〜はじまるタイトル」
「と〜はじまるタイトル」
「ト〜はじまるタイトル」
「な〜はじまるタイトル」
「ナ〜はじまるタイトル」
「に〜はじまるタイトル」
「ニ〜はじまるタイトル」
「ね〜はじまるタイトル」
「ネ〜はじまるタイトル」
「の〜はじまるタイトル」
「は〜はじまるタイトル」
「ハ〜はじまるタイトル」
「ひ〜はじまるタイトル」
「ふ〜はじまるタイトル」
「フ〜はじまるタイトル」
「ほ〜はじまるタイトル」
「ホ〜はじまるタイトル」
「ま〜はじまるタイトル」
「マ〜はじまるタイトル」
「み〜はじまるタイトル」
「む〜はじまるタイトル」
「め〜はじまるタイトル」
「メ〜はじまるタイトル」
「も〜はじまるタイトル」
「や〜はじまるタイトル」
「ゆ〜はじまるタイトル」
「よ〜はじまるタイトル」
「ら〜はじまるタイトル」
「り〜はじまるタイトル」
「ろ〜はじまるタイトル」
「わ〜はじまるタイトル」