「百人一首の肉まん父さん百人一首」はYahooディレクトリに、登録されました
「肉まん父さんフラッシュ」
を新設
最近の記事クリックするとその記事に移動できます。
最近の記事

2018.11.11up 
「今も保有中」

2018.11.10up 
「今も保有中」

2018.11.9up 
「今も保有中」

2018.11.8up 
「今も保有中」

2018.11.7up 
「今も保有中」

2018.11.6up 
「今も保有中」

2018.11.5up 
「今も保有中」

2018.11.4up 
「今も保有中」

2018.11.3up 
「今も保有中」

2018.11.2up 
「今も保有中」

2018.11.1up 
「今も保有中」

2018.10.31up 
「今も保有中」

2018.10.30up 
「今も保有中」

2018.10.29up 
「今も保有中」

2018.10.28up 
「今も保有中」

2018.10.27up 
「今も保有中」

2018.10.26up 
「今も保有中」

2018.10.25up 
「今も保有中」

2018.10.24up 
「今も保有中」

2018.10.23up 
「今も保有中」

2018.10.22up 
「今も保有中」

2018.10.21up 
「今も保有中」

2018.10.20up 
「今も保有中」

2018.10.19up 
「今も保有中」

2018.10.18up 
「今も保有中」

2018.10.17up 
「今も保有中」

2018.10.16up 
「今も保有中」

2018.10.15up 
「今も保有中」

2018.10.14up 
「今も保有中」

2018.10.13up 
「今も保有中」

2018.10.12up 
「今も保有中」

2018.10.11up 
「今も保有中」

2018.10.10up 
「今も保有中」

2018.10.9up 
「今も保有中」

2018.10.8up 
「今も保有中」

2018.10.7up 
「今も保有中」

2018.10.6up 
「今も保有中」

2018.10.5up 
「今も保有中」

2018.10.4up 
「今も保有中」

2018.10.3up 
「今も保有中」

2018.10.2up 
「今も保有中」

2018.10.1up 
「今も保有中」

2018.9.30up 
「今も保有中」

2018.9.29up 
「今も保有中」

2018.9.28up 
「今も保有中」

2018.9.27up 
「今も保有中」

2018.9.26up 
「今も保有中」

2018.9.25up 
「今も保有中」

2018.9.24up 
「今も保有中」

2018.9.23up 
「今も保有中」

2018.9.22up 
「今も保有中」

2018.9.21up 
「今も保有中」

2018.9.20up 
「今も保有中」

2018.9.19up 
「今も保有中」

2018.9.18up 
「今も保有中」

2018.9.17up 
「今も保有中」

2018.9.16up 
「今も保有中」

2018.9.15up 
「今も保有中」

2018.9.14up 
「今も保有中」

2018.9.13up 
「今も保有中」

2018.9.12up 
「今も保有中」

2018.9.11up 
「今も保有中」

2018.9.10up 
「今も保有中」

2018.9.9up 
「今も保有中」

2018.9.8up 
「今も保有中」

2018.9.7up 
「今も保有中」

2018.9.6up 
「今も保有中」

2018.9.5up 
「今も保有中」

2018.9.4up 
「今も保有中」

2018.9.3up 
「今も保有中」

2018.9.2up 
「今も保有中」

2018.9.1up 
「今も保有中」

2018.8.31up 
「今も保有中」

2018.8.30up 
「今も保有中」

2018.8.29up 
「今も保有中」

2018.8.28up 
「今も保有中」

2018.8.27up 
「今も保有中」

2018.8.26up 
「今も保有中」

2018.8.25up 
「今も保有中」

2018.8.24up 
「今も保有中」

2018.8.23up 
「今も保有中」

2018.8.22up 
「今も保有中」

2018.8.21up 
「今も保有中」

2018.8.20up 
「今も保有中」

2018.8.19up 
「今も保有中」

2018.8.18up 
「今も保有中」

2018.8.17up 
「今も保有中」

2018.8.16up 
「今も保有中」

2018.8.15up 
「今も保有中」

2018.8.14up 
「今も保有中」

2018.8.13up 
「今も保有中」

2018.8.12up 
「今も保有中」

2018.8.11up 
「今も保有中」

2018.8.10up 
「今も保有中」

2018.8.9up 
「今も保有中」

2018.8.8up 
「今も保有中」

2018.8.7up 
「今も保有中」

2018.8.6up 
「今も保有中」

2018.8.5up 
「今も保有中」

2018.8.4up 
「今も保有中」

2018.8.3up 
「今も保有中」

2018.8.2up 
「今も保有中」

2018.8.1up 
「今も保有中」

2018.7.31up 
「今も保有中」

2018.7.30up 
「今も保有中」

2018.7.29up 
「今も保有中」

2018.7.28up 
「今も保有中」

2018.7.27up 
「今も保有中」

2018.7.26up 
「今も保有中」

2018.7.25up 
「今も保有中」

2018.7.24up 
「今も保有中」

2018.7.23up 
「今も保有中」

2018.7.22up 
「今も保有中」

2018.7.21up 
「今も保有中」

2018.7.20up 
「今も保有中」

2018.7.194up 
「今も保有中」

2018.7.18up 
「今も保有中」

2018.7.17up 
「今も保有中」

2018.7.16up 
「今も保有中」

2018.7.15up 
「今も保有中」

2018.7.14up 
「今も保有中」

2018.7.13up 
「今も保有中」

2018.7.12up 
「今も保有中」

2018.7.11up 
「今も保有中」

2018.7.10up 
「今も保有中」

2018.7.9up 
「今も保有中」

2018.7.8up 
「今も保有中」

2018.7.7up 
「今も保有中」

2018.7.6up 
「今も保有中」

2018.7.5up 
「今も保有中」

2018.7.4up 
「今も保有中」

2018.7.3up 
「今も保有中」

2018.7.2up 
「今も保有中」

2018.7.1up 
「今も保有中」

2018.6.30up 
「今も保有中」

2018.6.29up 
「今も保有中」

2018.6.28up 
「今も保有中」

2018.6.27up 
「今も保有中」

2018.6.26up 
「今も保有中」

2018.6.25up 
「今も保有中」

2018.6.24up 
「今も保有中」

2018.6.23up 
「今も保有中」

2018.6.22up 
「今も保有中」

2018.6.21up 
「今も保有中」

2018.6.20up 
「今も保有中」

2018.6.19up 
「今も保有中」

2018.6.18up 
「今も保有中」

2018.6.17up 
「今も保有中」

2018.6.16up 
「今も保有中」

2018.6.15up 
「今も保有中」

2018.6.14up 
「今も保有中」

2018.6.13up 
「今も保有中」

2018.6.12up 
「今も保有中」

2018.6.11up 
「今も保有中」

2018.6.10up 
「今も保有中」

2018.6.9up 
「今も保有中」

2018.6.8up 
「今も保有中」

2018.6.7up 
「今も保有中」

2018.6.6up 
「今も保有中」

2018.6.5up 
「今も保有中」

2018.6.4up 
「今も保有中」

2018.6.3up 
「今も保有中」

2018.6.2up 
「今も保有中」

2018.6.1up 
「今も保有中」

2018.5.31up 
「今も保有中」

2018.5.30up 
「今も保有中」

2018.5.29up 
「今も保有中」

2018.5.28up 
「今も保有中」

2018.5.27up 
「今も保有中」

2018.5.26up 
「今も保有中」

2018.5.25up 
「今も保有中」

2018.5.24up 
「今も保有中」

2018.5.23up 
「今も保有中」

2018.5.22up 
「今も保有中」

2018.5.21up 
「今も保有中」

2018.5.20up 
「今も保有中」

2018.5.19up 
「今も保有中」

2018.5.18up 
「今も保有中」

2018.5.17up 
「今も保有中」

2018.5.16up 
「今も保有中」

2018.5.15up 
「今も保有中」

2018.5.14up 
「今も保有中」

2018.5.13up 
「今も保有中」

2018.5.12up 
「今も保有中」

2018.5.11up 
「今も保有中」

2018.5.10up 
「今も保有中」

2018.5.9up 
「今も保有中」

2018.5.8up 
「今も保有中」

2018.5.7up 
「今も保有中」

2018.5.6up 
「今も保有中」

2018.5.5up 
「今も保有中」

2018.5.4up 
「今も保有中」

2018.5.3up 
「今も保有中」

2018.5.2up 
「今も保有中」

2018.5.1up 
「今も保有中」

2018.4.30up 
「今も保有中」

2018.4.29up 
「今も保有中」

2018.4.28up 
「今も保有中」

2018.4.27up 
「今も保有中」

2018.4.26up 
「今も保有中」

2018.4.25up 
「今も保有中」

2018.4.24up 
「今も保有中」

2018.4.23up 
「今も保有中」

2018.4.22up 
「今も保有中」

2018.4.21up 
「今も保有中」

2018.4.20up 
「今も保有中」

2018.4.19up 
「今も保有中」

2018.4.18up 
「今も保有中」

2018.4.17up 
「今も保有中」

2018.4.16up 
「今も保有中」

2018.4.15up 
「今も保有中」

2018.4.14up 
「今も保有中」

2018.4.13up 
「今も保有中」

2018.4.12up 
「今も保有中」

2018.4.11up 
「今も保有中」

2018.4.10up 
「今も保有中」

2018.4.9up 
「今も保有中」

2018.4.8up 
「今も保有中」

2018.4.7up 
「今も保有中」

2018.4.6up 
「今も保有中」

2018.4.5up 
「今も保有中」

2018.4.4up 
「今も保有中」

2018.4.3up 
「今も保有中」

2018.4.2up 
「今も保有中」

2018.4.1up 
「今も保有中」

2018.3.31up 
「今も保有中」

2018.3.30up 
「今も保有中」

2018.3.29up 
「今も保有中」

2018.3.28up 
「今も保有中」

2018.3.27up 
「今も保有中」

2018.3.26up 
「今も保有中」

2018.3.25up 
「今も保有中」

2018.3.24up 
「今も保有中」

2018.3.23up 
「今も保有中」

2018.3.22up 
「今も保有中」

2018.3.21up 
「今も保有中」

2018.3.20up 
「今も保有中」

2018.3.19up 
「今も保有中」

2018.3.18up 
「今も保有中」

2018.3.17up 
「今も保有中」

2018.3.16up 
「今も保有中」

2018.3.15up 
「今も保有中」

2018.3.14up 
「今も保有中」

2018.3.13up 
「今も保有中」

2018.3.12up 
「今も保有中」

2018.3.11up 
「今も保有中」

2018.3.10up 
「今も保有中」

2018.3.9up 
「今も保有中」

2018.3.8up 
「今も保有中」

2018.3.7up 
「今も保有中」

2018.3.6up 
「今も保有中」

2018.3.5up 
「今も保有中」

2018.3.4up 
「今も保有中」

2018.3.3up 
「今も保有中」

2018.3.2up 
「今も保有中」

2018.3.1up 
「今も保有中」

2018.2.28up 
「今も保有中」

2018.2.27up 
「今も保有中」

2018.2.26up 
「今も保有中」

2018.2.25up 
「今も保有中」

2018.2.24up 
「今も保有中」

2018.2.23up 
「今も保有中」

2018.2.22up 
「今も保有中」

2018.2.21up 
「今も保有中」

2018.2.20up 
「今も保有中」

2018.2.19up 
「今も保有中」

2018.2.18up 
「今も保有中」

2018.2.17up 
「今も保有中」

2018.2.16up 
「今も保有中」

2018.2.15up 
「今も保有中」

2018.2.14up 
「今も保有中」

2018.2.13up 
「今も保有中」

2018.2.12up 
「今も保有中」

2018.2.11up 
「今も保有中」

2018.2.10up 
「今も保有中」

2018.2.9up 
「今も保有中」

2018.2.8up 
「今も保有中」

2018.2.7up 
「今も保有中」

2018.2.6up 
「今も保有中」

2018.2.5up 
「今も保有中」

2018.2.4up 
「今も保有中」

2018.2.3up 
「今も保有中」

2018.2.2up 
「今も保有中」

2018.2.1up 
「今も保有中」

2018.1.31up 
「今も保有中」

2018.1.30up 
「今も保有中」

2018.1.29up 
「今も保有中」

2018.1.28up 
「今も保有中」

2018.1.27up 
「今も保有中」

2018.1.26up 
「今も保有中」

2018.1.25up 
「今も保有中」

2018.1.24up 
「今も保有中」

2018.1.23up 
「今も保有中」

2018.1.22up 
「今も保有中」

2018.1.21up 
「今も保有中」

2018.1.20up 
「今も保有中」

2018.1.19up 
「今も保有中」

2018.1.18up 
「今も保有中」

2018.1.17up 
「今も保有中」

2018.1.16up 
「今も保有中」

2018.1.15up 
「今も保有中」

2018.1.14up 
「今も保有中」

2018.1.13up 
「今も保有中」

2018.1.12up 
「今も保有中」

2018.1.11up 
「今も保有中」

2018.1.10up 
「今も保有中」

2018.1.9up 
「今も保有中」

2018.1.8up 
「今も保有中」

2018.1.7up 
「今も保有中」

2018.1.6up 
「今も保有中」

2018.1.5up 
「今も保有中」

2018.1.4up 
「今も保有中」

2018.1.3up 
「今も保有中」

2018.1.2up 
「今も保有中」

2018.1.1up 
「今も保有中」

2017年12月以前の記事は右下の「過去ログ」から、お探し下さい。

2011年02月28日

レッテルを貼られる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

レッテルを貼られる


レッテルを貼られる(れってるをはられる)


「一方的に人格や能力などの格付けをされる。レッテルは、オランダ語のletterのことで、商品に貼り付けた紙片のこと。」という意味で使われることが多いようです。


「怠け者のレッテルを貼られる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「レッテルを貼られる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

類は友を呼ぶ


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

類は友を呼ぶ


類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)


「似たような傾向を持つ者は、自然に寄り集まるものである。また、気が合うものは自ずから集まるものである。」という意味で使われることが多いようです。


「類は友を呼ぶで、いつの間にか同好会が誕生した。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「類は友を呼ぶ」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

李下に冠を正さず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

李下に冠を正さず


李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)


「他人の嫌疑を受けやすい行為は避けるようにせよ。」という意味で使われることが多いようです。


「事あるごとに疑われて、かなわないよ。」「まぎらわしいマネをしない事だ。李下に冠を正さずだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「李下に冠を正さず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。
posted by 肉まん父さん at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

来年のことを言えば鬼が笑う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

来年のことを言えば鬼が笑う


来年のことを言えば鬼が笑う(らいねんのことをいえばおにがわらう)


「予想の付かない将来のことを言っていると笑われてしまう。」という意味で使われることが多いようです。


「合格した後の話ばかりしてるって、来年のことを言えば鬼が笑うよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「来年のことを言えば鬼が笑う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔い醒めの水下戸知らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

酔い醒めの水下戸知らず


酔い醒めの水下戸知らず(よいざめのみずげこしらず)


「酔ってひと眠りしたあとで飲む水のうまさは、酒を飲まない人にはわからない。」という意味で使われることが多いようです。


「酔い醒めの水下戸知らずとばかりに、やかんの水をがぶ飲みにする。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「酔い醒めの水下戸知らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

有終の美を飾る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

有終の美を飾る


有終の美を飾る(ゆうしゅうのびをかざる)


「与えられたことを、最後までしっかりとやり、立派に、技能や価値などを、高めること。」という意味で使われることが多いようです。


「引退試合に本塁打を放って有終の美を飾る。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「有終の美を飾る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

焼きが回る


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

焼きが回る


焼きが回る(やきがまわる)


「刃物を鍛えるとき、火が行き渡りすぎて、かえって切れ味が悪くなる。転じて、年をとるなどして、頭の働きがにぶくなったり、腕前が落ちたりすること。」という意味で使われることが多いようです。


「こんなミスをするようじゃ、おれも焼きが回ったな。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「焼きが回る」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:焼きが回る
posted by 肉まん父さん at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盲亀の浮木


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

盲亀の浮木


盲亀の浮木(もうきのふぼく)


「盲目の亀が大海の中にすんでいた。百年に一度だけ水面に浮かび上がり、水面にただよっている一本の木の穴に入ろうとするという寓話。このことから、出会うのが容易でないこと、容易になしがたいことのたとえ。また、めったにない幸運にめぐり会うたとえにもいう。」という意味で使われることが多いようです。


「ここであなたに会えるとは、これこそまさに盲亀の浮木。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「盲亀の浮木」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:盲亀の浮木
posted by 肉まん父さん at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

明鏡止水


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

明鏡止水


明鏡止水(めいきょうしすい)


「一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。」という意味で使われることが多いようです。


「ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「明鏡止水」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:明鏡止水
posted by 肉まん父さん at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

六日の菖蒲


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

六日の菖蒲


六日の菖蒲(むいかのあやめ)


「《5月5日の節句の翌日の菖蒲の意から》時機に後れて役に立たない物事のたとえ。のちのあやめ。むいかのしょうぶ。」という意味で使われることが多いようです。


「今ごろやって来ても六日の菖蒲だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「六日の菖蒲」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:六日の菖蒲
posted by 肉まん父さん at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミイラ取りがミイラになる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

ミイラ取りがミイラになる


ミイラ取りがミイラになる(みいらとりがみいらになる)


「人を探しに言ったまま帰ってこない。人を説得しに行って逆に説得されてしまう事。語源由来は、ミイラの体から薬用の油を取る為にミイラを探しに行った人間が力尽きて死んでしまい、自分がミイラになってしまうと言う話しから来ている。」という意味で使われることが多いようです。


「返品しようとしたのに、新しく買って来るなんて「ミイラ取りがミイラになる」だよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「ミイラ取りがミイラになる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

枚挙に遑がない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

枚挙に遑がない


枚挙に遑がない(まいきょにいとまがない)


「たくさんありすぎて、いちいち数えきれない。」という意味で使われることが多いようです。


「同種の事例は枚挙に遑がない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「枚挙に遑がない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

判官贔屓


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

判官贔屓


判官贔屓(ほうがんびいき)


「弱者に対して「弱いから」と言う理由で、えこひいきしてしまうこと。ここで「判官」とは九郎判官義経のこと。源義経が兄の頼朝に妬まれて滅んだことに、人々が同情を寄せたことが由来。」という意味で使われることが多いようです。


「判官贔屓もあって、連敗を続ける力士に盛んな声援が寄せられる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「判官贔屓」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:判官贔屓
posted by 肉まん父さん at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臍で茶を沸かす


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

臍で茶を沸かす


臍で茶を沸かす(へそでちゃをわかす)


「おかしくてたまらないこと、また、ばかばかしくてしようがないこと。多く、あざけっていう場合に用いる。へそ茶。」という意味で使われることが多いようです。


「臍で茶を沸かすような滑稽な話。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「臍で茶を沸かす」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

風雲急を告げる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

風雲急を告げる


風雲急を告げる(ふううんきゅうをつげる)


「今にも大きな変動が起きそうな、さしせまった情勢である。」という意味で使われることが多いようです。


「風雲急を告げる政界再編の動き。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「風雲急を告げる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

贔屓の引き倒し


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

贔屓の引き倒し


贔屓の引き倒し(ひいきのひきたおし)


「贔屓しすぎると、かえってその人のためにならないということ。」という意味で使われることが多いようです。


「そこまで褒めるのは、贔屓の引き倒しだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「贔屓の引き倒し」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

敗軍の将は兵を語らず


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

敗軍の将は兵を語らず


敗軍の将は兵を語らず(はいぐんのしょうはへいをかたらず)


「戦争で負けた将軍は、兵法について発言する資格はない。失敗した者は、そのことについて意見を述べる資格はない。」という意味で使われることが多いようです。


「敗軍の将は兵を語らず、とにかく完敗です。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「敗軍の将は兵を語らず」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能ある鷹は爪を隠す


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

能ある鷹は爪を隠す


能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)


「優れた能力の持ち主は、それを他人にひけらかしたりはしないということ。狩りをする鷹が爪をむき出しにしたのでは、逆に獲物にみすかされることから言う。」という意味で使われることが多いようです。


「能ある鷹は爪を隠すというが、彼女があんなに外国語に堪能とは思わなかった。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「能ある鷹は爪を隠す」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

願ったり叶ったり


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

願ったり叶ったり


願ったり叶ったり(ねがったりかなったり)


「願いや希望の通りになること。全て思い通りであること。」という意味で使われることが多いようです。


「願ったり叶ったりの好条件だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「願ったり叶ったり」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糠に釘


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

糠に釘


糠に釘(ぬかにくぎ)


「いくら努力しても、少しも手ごたえや効き目のないこと。糠(ぬか)に釘を打つ意から言う。」という意味で使われることが多いようです。


「いくら注意しても糠に釘だ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「糠に釘」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:糠に釘
posted by 肉まん父さん at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

煮え湯を飲まされる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

煮え湯を飲まされる


煮え湯を飲まされる(にえゆをのまされる)


「信用して気を許していた者に裏切られて、酷(ひど)い目に遭う。」という意味で使われることが多いようです。


「友人が私の名をかたって詐欺を働くとは、まったく煮え湯を飲まされた思いだ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「煮え湯を飲まされる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無い袖は振れない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

無い袖は振れない


無い袖は振れない(ないそではふれない)


「持っていないものはどうしてやることもできない。」という意味で使われることが多いようです。


「いくら催促されても無い袖は振れないよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「無い袖は振れない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

頭角を現す


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

頭角を現す


頭角を現す(とうかくをあらわす)


「才能・技量などが、周囲の人よりも一段とすぐれる。」という意味で使われることが多いようです。


「めきめき頭角を現してきた若手作家。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「頭角を現す」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:頭角を現す
posted by 肉まん父さん at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亭主の好きな赤烏帽子


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

亭主の好きな赤烏帽子


亭主の好きな赤烏帽子(ていしゅのすきなあかえぼし)


「どんなことでも、家父長の言うことには従わざるをえないということ。解 説: 烏帽子は黒色が普通だが、亭主が赤い烏帽子を好むなら、家族は同調しなくてはならないという意から転じたことわざ。」という意味で使われることが多いようです。


「うちの人のペットはヘビとトカゲなの。亭主の好きな赤烏帽子だわ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「亭主の好きな赤烏帽子」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

痛痒を感じない


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

痛痒を感じない


痛痒を感じない(つうようをかんじない)


「少しも利害や影響を感じない。痛くもかゆくもない。」という意味で使われることが多いようです。


「何を言われようと身に覚えのないことだからこちらは痛痒を感じない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「痛痒を感じない」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血が通う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

血が通う


血が通う(ちがかよう)


「1 血が流れている。生きている。2 形式的、事務的でなく人間味が感じられる。」という意味で使われることが多いようです。


「血が通った福祉政策。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「血が通う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:血が通う
posted by 肉まん父さん at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

対岸の火事


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

対岸の火事


対岸の火事(たいがんのかじ)


「自分に関係なく、何の災いもないこと。無関心であること。」という意味で使われることが多いようです。


「その窮状を対岸の火事として見過ごすわけにはいかない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「対岸の火事」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:対岸の火事
posted by 肉まん父さん at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滄海の一粟


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

滄海の一粟


滄海の一粟(そうかいのいちぞく)


「広大なものの中の極めて小さいもののたとえ。また、広大な宇宙における人間の存在が非常に小さいものであるというたとえ。」という意味で使われることが多いようです。


「この地球は宇宙から見れば滄海の一粟に過ぎない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「滄海の一粟」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:滄海の一粟
posted by 肉まん父さん at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

青雲の志


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

青雲の志


青雲の志(せいうんのこころざし)


「徳を磨いて、立派な人物になろうとする心。また、功名を立て立身出世をしようとする心。▽「青雲」は雲の上の青い空を意味し、高位・高官、立身出世のことをいう。」という意味で使われることが多いようです。


「青雲の志に燃えて異国に渡る。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「青雲の志」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:青雲の志
posted by 肉まん父さん at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粋が身を食う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

粋が身を食う


粋が身を食う(すいがみをくう)


「花柳界などの事情に通じて、粋人ともてはやされるようになると、つい深入りして身を滅ぼすことになる。」という意味で使われることが多いようです。


「粋が身を食って家屋敷を売り飛ばす。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「粋が身を食う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

思案に暮れる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

思案に暮れる


思案に暮れる(しあんにくれる)


「どうしたらよいか考え迷う。」という意味で使われることが多いようです。


「進学か就職か思案に暮れる。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「思案に暮れる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塞翁が馬


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

塞翁が馬


塞翁が馬(さいおうがうま)


「人生の吉凶禍福は転変が激しく予測ができない」という意味で使われることが多いようです。


「くよくよするな。塞翁が馬というように、悪いことばかりが続くものではない。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「塞翁が馬」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:塞翁が馬
posted by 肉まん父さん at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

鯉の滝昇り


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

鯉の滝昇り


鯉の滝昇り(こいのたきのぼり)


「人が出世していく様のこと(補足)黄河の上流を登りきった鯉が竜になるという伝説に由来する。」という意味で使われることが多いようです。


「優秀な人材だから、役所でも鯉の滝昇りだろう。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「鯉の滝昇り」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:鯉の滝昇り
posted by 肉まん父さん at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

形影相弔う


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

形影相弔う


形影相弔う(けいえいあいとむらう)


「自分と自分の影とが互いに慰め合うという意。孤独で寂しく暮らす様子をいう。」という意味で使われることが多いようです。


「親類縁者のなく、二人きりで暮らしてきた老姉妹なのに、姉に先立たれて、あのおばあちゃんは本当に形影相弔う身の上になってしまったんだね。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「形影相弔う」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:形影相弔う
posted by 肉まん父さん at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

空谷の跫音


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

空谷の跫音


空谷の跫音(くうこくのきょうおん)


「人のいない寂しい谷に響く足音。転じて、寂しく暮らしているときに、懐かしいものが訪れたり、うれしい便りがあること。」という意味で使われることが多いようです。


「空谷の跫音の思いで、お便り拝読致しました。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「空谷の跫音」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:空谷の跫音
posted by 肉まん父さん at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気合いを入れる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

気合いを入れる


気合いを入れる


「緊張感を高めて精神を集中させる。」という意味で使われることが多いようです。


「気合いを入れて訓練に取り組む。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「気合いを入れる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

飼い犬に手を噛まれる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

飼い犬に手を噛まれる


飼い犬に手を噛まれる


「普段面倒をみたり、かわいがっていた人から、思いがけずに裏切られたり、害を受けたりすること。」という意味で使われることが多いようです。


「信頼していたマネージャーに大金を持ち逃げされた。飼い犬に手を噛まれるとはこのことだよ。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「飼い犬に手を噛まれる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる、ささえあってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老い木に花が咲く


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

老い木に花が咲く


老い木に花が咲く


「いったんは枯れかかったような老木に、再び花が咲くということを、一度衰えたものが再び盛んになる、勢いを取り戻すことに喩えた言葉。」という意味で使われることが多いようです。


「定年退職した会社から声がかかり、暢気な隠居生活から、老い木に花が咲いたようです。」というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「老い木に花が咲く」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

英雄色を好む


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

英雄色を好む


英雄色を好む


「英雄といわれる人は、すべてに精力的であるために女色を好む傾向も強い。」という意味で使われることが多いようです。


「創業者はまさに英雄色を好むという人だった。」
というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「英雄色を好む」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有為転変は世の習い


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

有為転変は世の習い


有為転変は世の習い


「常に激しく移り変わるのが、この世の常であること。「有為」仏教語で、因縁によって生じた現世の様々な現象のこと。」という意味で使われることが多いようです。


「有為転変は世の習いというが、ふるさとの村もすっかり変わってしまった」
というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「有為転変は世の習い」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

言い得て妙


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

言い得て妙


言い得て妙


「巧みに言い表しているさま」という意味で使われることが多いようです。


「バブル経済とは言い得て妙だ」
というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「言い得て妙」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:言い得て妙
posted by 肉まん父さん at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛想もこそも尽き果てる


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

愛想もこそも尽き果てる


愛想もこそも尽き果てる


「あきれ果てて好意や信頼感を失う」という意味で使われることが多いようです。


「いくら注意しても行動を改めようとしない。あの人には愛想もこそも尽き果てた」
というような使い方をします。


最近、家族や親戚との会話で私が普段使わないのに、私よりも目上(高齢)の方が口にされる言葉で気になる言葉の1つが「愛想もこそも尽き果てる」という言葉です。パソコンや携帯電話で他の人様と会話などをしていくうちに、こういう一昔前によく使われていたような「ことわざ、慣用句、成句」などといわれる言葉を使わなくなっている自分自身に気が付くようになりました。「人という字はたがいによりそってできる」と子どもの頃に聞いたような気がいたします。人と人とで顔を合わせて、ゆったりとした気持ちで会話をするという習慣を大切にしたいと思います。今後もこういう言葉があれば備忘録として記事にして残したいと思っています。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成句ことわざ慣用句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

好奇高齢者の農・陶


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

好奇高齢者の農・陶



「好奇高齢者の農・陶」



今日、私が拝見したブログは


「好奇高齢者の農・陶」


様です。


紹介文には


「78歳になって初めてブログと言う物に取り付かれ、無力ながらも目下勉強中!」


とあります。


プロフィール欄を見ると

プロフィール


作者:五郎二郎
平成3年3月23日、
生まれ育った大阪・南から移住した先進アイターン族。
移住翌年から田畑を購入し、
イオン還元水による消毒と有機栽培という事象に取組み、
15年間頑張ってきたが、
75歳にして腰痛が持病になり、
桃栽培から手を引く。
目下栽培しているのは、
種無し酢橘(商品名・キッス)と落下を待って
収穫できる銀杏を中心に柚子、レモンなど。


とあります。


私が78歳になったときに何かあたらしいことをはじめることができかなぁ、
という思いで記事を拝見しています。

本当に元気に過ごしている様子がうかがえます。


私も78歳を迎えたときには、
こんな元気なブログを続けたいものです。


とにかく、私にとっては人生の大先輩にあたります。


私も、80歳ぐらいになったときに


「好奇高齢者の農・陶」


様のようなブログ運営を続けることができたらなぁ、という思いで少しずつ過去の記事を拝見しているところです。


私が拝見している人生の先輩方のブログは


「70歳以上シニアブログ」
というサイトでご覧になることができます。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の先輩ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

シニアからはじめた田舎暮らしとガーデニング


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

シニアからはじめた田舎暮らしとガーデニング



「シニアからはじめた田舎暮らしとガーデニング」



今日、私が拝見したブログは


「シニアからはじめた田舎暮らしとガーデニング」


様です。


サブタイトルには


「 九州は福岡、久留米市田主丸(たぬしまる)町に住む園芸好きな70代のアクティブシニア『杜の仙人』です。里山の風景がたくさん残る耳納山麓の地で、少年の頃思いっきり遊んだ雑木林をお手本にガーデニングにいそしむ田舎暮らし@田主丸を満喫してます。 」


とあります。


プロフィール欄を見ると


杜の仙人はこんなやつです。

ハンドルネーム 杜の仙人(略称:仙人)
年齢: 昭和14年12月1日
生息地: 福岡県久留米市田主丸町
健康状態: コレステロール値が高い。野菜しか食べてないのに…(泣)。
趣味: ガーデニング・お山の開墾
秘密基地作り・田舎饅頭作り
読書(藤沢周平・横山秀夫・浅田次郎が好き)
好きな樹木: えごの木・栂(つが)・もみじ
好きな花: 水引草・やまゆり・クリマスローズ
家族: 妻:福岡県八女郡広川町出身
長女:福岡県福岡市在住
長男夫婦:広島県広島市在住
将来の希望: 皆で山を開墾して、野菜を作り、自給自足をやりたいです。
その他: みんなで耕すかい主席研究員
只今、会員2名


とあります。


昭和14年12月1日生まれということは、「古希」を過ぎておられます。

本当に元気に過ごしている様子がうかがえます。


私も古希を迎えたときには、
こんな元気なブログを続けたいものです。


とにかく、私にとっては人生の大先輩にあたります。


私も、古希を迎えたときに


「シニアからはじめた田舎暮らしとガーデニング」


様のようなブログ運営を続けることができたらなぁ、という思いで少しずつ過去の記事を拝見しているところです。


私が拝見している人生の先輩方のブログは


「70歳以上シニアブログ」
というサイトでご覧になることができます。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の先輩ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

貴撰法師の気まぐれ日記


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

貴撰法師の気まぐれ日記



「貴撰法師の気まぐれ日記」



今日、私が拝見したブログは


「貴撰法師の気まぐれ日記」


様です。


サブタイトルには


「数え年で言えば傘寿、健康に気をつけて、史跡・社寺の歴訪を楽しみ、続けたいと思っています。」


とあります。


「傘寿」とは、数え年で80歳のことを意味します。



私が、このブログを拝見したところ、どのページもたくさんの写真が掲載されています。私が感じたことは「私が数え年で80歳になったときに、こんなら元気に色々な所を訪問して写真を撮り、ブログにUPすることができるのだろうか。」と思っています。


本当に元気に過ごしている様子がうかがえます。


私が80歳になったときには、
こんな元気なブログを続けたいものです。


とにかく、私にとっては人生の大先輩にあたります。


私も、数え年で80歳になったときに


「貴撰法師の気まぐれ日記」


様のようなブログ運営を続けることができたらなぁ、という思いで少しずつ過去の記事を拝見しているところです。


私が拝見している人生の先輩方のブログは


「70歳以上シニアブログ」
というサイトでご覧になることができます。


これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
posted by 肉まん父さん at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 人生の先輩ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

増える不妊症や流産


  本日も当「肉まん父さんのゼロからお金を貯めよう(FX日記)」にお越し頂きありがとうございます。本当に感謝しております。これからも応援よろしくお願い致します。

妊娠望む女性の高年齢化 増える不妊症や流産

妊娠望む女性の高年齢化 増える不妊症や流産

晩婚化に伴い女性の妊娠・出産が高年齢化している。体外受精など生殖医療の進歩で、かつては妊娠できなかった女性が子どもをもてるようになったが、加齢とともに妊娠しにくくなるのも事実。産婦人科の現場では不妊症になってから公開する患者が後を絶たないという。国内の大学で現職としてはただ1人の女性産婦人科主任教授である名古屋市立大病院の杉浦真弓教授に話を聞いた。

★厚生労働省の統計によると、2009年の出産年齢は30歳以上が59%、35歳以上では23%で、高年齢化が進んでいる。何が問題か。

「妊娠できない不妊症や流産の頻度が高まる。欧米のデータでは、20代前半に結婚した女性の不妊症は6%だが、40代前半になると64%と10倍になる。米疾病センターの報告では、流産率は平均15%だが、40歳以上だと40%になる。」


★そういう事実は知られていないのか。

「加齢で胎児異常や難産が増えるという意識は多くの女性が持っていると思うが、妊娠できなくなるとか、流産率が上がるといういうのは、切実には分かっていない。自分はなんとかなると思っている。中には結婚しても40歳まで避妊する人がいる。妊娠できないと分かって後悔する女性が後を絶たない。高学歴で40代の患者が『どうして私だけ妊娠できないのか。どうして流産を繰り返すのか』とぼろぼろ涙をこぼすのを見てきた」


★生殖医療で妊娠や出産できるのではないか。

「体外受精で妊娠する可能性は30代で20%、40代で10%。そこからさらに流産や死産のハードルがある。有名人が40代半ばで出産したなどの報道があるが、珍しいケースを見て自分も出産できると勘違いしている」


★学校では教えないのか。

「月経の周期や避妊法などについては教えているが、不妊症について教えているところはまずない。母親の世代も習っていない。名古屋市の独身女性約250人を対象にした調査で、『子どもは欲しい』と回答したのは91%だが、『あなたはいくつまで自然に妊娠できると思うか』との質問に37%が『45〜60歳』と答えた」

「はっきりしたデータはないが、妊婦の年代別死亡が最も低いとされる20代だろう。しかし、全国の産婦人科医師に対するアンケートで、女性医師の34%が同僚や上司から妊娠や出産を先送りするように言われた経験があった。ほかの職場ではもっと多いのではないか」

「リウマチやうつ病などで薬を飲んでいる患者で、薬の副作用が心配で妊娠を控えたり、主治医から避妊するよう指示されたりしている人も多い。薬を選べば問題がない場合もあるので、産婦人科に相談してほしい」


★仕事のやりがいや経済事情から妊娠を先送りする人もいるのでは。

「職場などでの女性差別をはねのけて、やっとおもしろい仕事ができるようになって、自分の意思で出産を先送りしてしまう。しかし、不妊症になって初めて後悔するかもしれない。今の仕事と引き換えに子どもが産めなくなる可能性を考えて、人生を選択してもらいたい」


以上は神戸新聞2011年1月31日朝刊18ページにある記事でした。

私は、この記事を読んで、自分の子供達や甥や姪の顔を思い浮かべました。

すでに、たくさんの子どもに恵まれている人もいますが、まだの人もいます。

子どもに恵まれるかどうかは、色々な要因がからんでくるので、何とも言えないのですが、「希望している」のに子どもにめぐのれない、という1つの要因をこの記事で見つけ、私も、頭の片隅に記憶しておこうと思い、備忘録として当ブログの記事にさせていただきました。

これからもよろしくお願い致します。

                 肉まん父さん
タグ:不妊症 流産
posted by 肉まん父さん at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉まんじいさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あいうえお順メニュー お好きなタイトルをご覧下さい。
「あ〜はじまるタイトル」
「ア〜はじまるタイトル」
「い〜はじまるタイトル」
「イ〜はじまるタイトル」
「う(ウ)〜はじまるタイトル」
「え〜はじまるタイトル」
「お〜はじまるタイトル」
「か〜はじまるタイトル」
「カ〜はじまるタイトル」
「き〜はじまるタイトル」
「キ〜はじまるタイトル」
「く〜はじまるタイトル」
「ク〜はじまるタイトル」
「け〜はじまるタイトル」
「こ〜はじまるタイトル」
「コ〜はじまるタイトル」
「さ〜はじまるタイトル」
「サ〜はじまるタイトル」
「し〜はじまるタイトル」
「す〜はじまるタイトル」
「ス〜はじまるタイトル」
「せ(セ)〜はじまるタイトル」
「そ〜はじまるタイトル」
「た〜はじまるタイトル」
「タ〜はじまるタイトル」
「ち〜はじまるタイトル」
「つ〜はじまるタイトル」
「て〜はじまるタイトル」
「テ〜はじまるタイトル」
「と〜はじまるタイトル」
「ト〜はじまるタイトル」
「な〜はじまるタイトル」
「ナ〜はじまるタイトル」
「に〜はじまるタイトル」
「ニ〜はじまるタイトル」
「ね〜はじまるタイトル」
「ネ〜はじまるタイトル」
「の〜はじまるタイトル」
「は〜はじまるタイトル」
「ハ〜はじまるタイトル」
「ひ〜はじまるタイトル」
「ふ〜はじまるタイトル」
「フ〜はじまるタイトル」
「ほ〜はじまるタイトル」
「ホ〜はじまるタイトル」
「ま〜はじまるタイトル」
「マ〜はじまるタイトル」
「み〜はじまるタイトル」
「む〜はじまるタイトル」
「め〜はじまるタイトル」
「メ〜はじまるタイトル」
「も〜はじまるタイトル」
「や〜はじまるタイトル」
「ゆ〜はじまるタイトル」
「よ〜はじまるタイトル」
「ら〜はじまるタイトル」
「り〜はじまるタイトル」
「ろ〜はじまるタイトル」
「わ〜はじまるタイトル」